実家の持ち家やマンションの「相続」前に真っ先にやっておくべき事!

実家の持ち家やマンションの「相続」前に真っ先にやっておくべき事!

「親からの相続!」 誰しもが避けては通れない、頭を悩ます現実的な問題となります。

 

相続の中でも、特に、金銭面や兄弟姉妹とのトラブルとなってしまうのが「実家である一戸建てやマンションといった持ち家」なのです。

 

このトラブルを回避するために、事前に必ずやっておくべきことがあります。

 

今やっておけば、葬儀などで時間を追われているであろう「相続の決定時」に、慌てず、スムーズに手続きや話し合いを進めることができて、トラブルや失敗を回避しやすくなるでしょう。

 

マイホーム 後悔

 

先延ばしにしていると、財産分与の失敗や後悔のキッカケとなってしまうので、すぐにでもやってしまいましょう!

 

相続の資産をつかむ!特に 親の「一戸建てやマンションなどの持ち家」の価値や「マイナスの遺産」を調べる

相続」の際に、必ず、真っ先に把握しておかなければならないのは、次の2点になります。

 

「相続」前に真っ先にやっておくべき事!

プラスの財産」の把握

●「戸建てや分譲マンションなどの持ち家(不動産)」

相続が決まってから慌てふためかないために、親が所有する不動産の資産価値を前もって査定して調べておき、各書類をご両親にまとめておいてもらう必要があります。

 

●「貯金・現金」「株・FX・国債などの投資」

今は株やFXなどはネット証券などでの取引がメインですし、銀行口座も含めて「ID・パスワード」がわかるように 親に記載をしておいてもらうのが最善です。

 

●「保険金」「借地権・著作権などの権利や債権」など

どの保険に入っていて、どのような権利を持っているのかを「終活ノート」などに記しておいてもらうと良いでしょう。

 

マイナスの遺産」の調査

●「住宅ローン

住宅ローンは数十年という単位で組んでいることが多いので、残債がどれくらいあるかを把握しておきましょう。

 

●「借金・未払い金」など

相続での非常によくあるトラブルが、亡くなった後に親の借金が発覚するケースです。

※生前には信じがたいことですが、親は子供に借金を打ち明けないことが多いものなので、相続後のトラブルを避けるためにも、「ひとごと」だとは思わないようにしておきましょう。

 

なぜ、相続の資産「一戸建てや分譲マンションなどの持ち家」の価値や「マイナスの遺産」を知るのが重要なのか?

重要なのは、亡くなった後に親の借金が発覚するなどして、「プラスの財産」よりも「マイナスの遺産」の方が上回るようであれば、「相続放棄」を選ぶことができるということです。

 

実家の持ち家しか資産がなく、その価値よりも 多額の借金やローンがあるにもかかわらず相続をしてしまったら、一生、取り返しのつかないほどの後悔を抱えかねません!

 

ただし、この「相続放棄」ができるのは、相続となったのを知ってから3か月以内という期限があるんです。

 

葬式と法要、さまざまな届け出や請求を仕事もしながらしていかなければならない中で、「相続放棄」の期限なんてあっという間に過ぎ去ってしまいますよ!

 

実家(持ち家)で相続争いといった揉めごとやトラブルが起きてしまいやすいのはどうして?

相続で裁判沙汰になるほど揉めるのは、

●遺産が1,000万円以下の場合が「30%以上」

●5,000万円以下の遺産で「75%(全体の3/4)」

 

●1億円以上の遺産がある場合のトラブルは、全体の「10%」にも満たない

 

というデータとなっており、相続争いがお金持ちのことや他人ごとではなく、身近な話であり、自分にも起きうる問題であるという認識が必要です。

 

さらに、

裁判沙汰となった相続争いの中で、持ち家の土地や家屋といった不動産を含んでいる割合が「85%以上」

 

このデータからも分かる通り、不動産を含んでいる相続では揉めごとが起こりやすい上、遺産が5,000万円に満たない場合の争いが全体の3/4もあることから、実家(持ち家)以外に大きな額の財産がないケースの方がトラブルが生じやすいことが読み取れます。

 

 

不動産は現金と違って、兄弟姉妹それぞれに分け与えるのが難しいですよね!

 

それが相続の財産分与において、裁判沙汰になるほどの揉めごとになりやすくしてしまっているのです。

 

実家(持ち家)における兄弟姉妹での相続争いを避けるには!

兄弟姉妹による相続争いとなる程こじれてしまうのが、実家などの「持ち家・マンション」「土地」といった遺産の財産分与が多いということがイメージできたでしょうか?

 

まず、親に財産分与の争いが起きないように明確に遺言書を記しておいてもらうことや、家族全員で相続に関して、生前から話し合いをしておくのは有効な手段の一つとなります。

 

 

また、いざというとき手遅れにならないためにも、プラスの財産として特に価値が高く相続問題で揉めやすい実家(一戸建て分譲マンションなどの持ち家)」を最優先して、価値をあらかじめ調べておくことが重要です。

 

 

前もって実家の価値を知っておくことで、兄弟姉妹がいる場合に、売却財産分与についてスムーズに話し合いをすることができ、最悪なトラブルの回避案を先行して考えておくことができますよ。

 

 

相続が決まってからでは 時間も心にも余裕がない状況なので、後回しにしてしまうと、あの時にやっておいたら良かったと後悔しかねません!

 

「一戸建てやマンションなどの持ち家」の価値の査定依頼は、今は無料で簡単にできるので、これから そのやり方をご案内していきますね。

 

相続する「一戸建てや分譲マンションなどの持ち家」の価値を調べるには!?

プラスの財産として、相続する「持ち家(一戸建て・マンション)」の価値を知るには、「もし、実家を売ったとしたら、どれくらいの価格で売却できるのか?」ということを調べることが必要です。

 

相続した実家にあなたが住み続けるかもしれない場合であっても、兄弟姉妹などの親族との財産分与の話し合いをスムーズに進めるために、持ち家が実際に売れる価格を知ることが重要となってきます。

 

相続することになる実家「持ち家(一戸建て・分譲マンション)」の売却価格を調べる方法!

相続する実家「持ち家(一戸建て・分譲マンション)」の売却価格は、不動産会社に査定をしてもらうことで知ることができます。

 

不動産会社に査定」というと手間で難しいように思われるかもしれませんが、今は昔と違って、スマホやパソコンから業者に出向くこともなく手軽にできるんですよ!

 

 

注意点としては、不動産会社によって、相続する「持ち家(一戸建て・マンション)」の査定価格に数百万円という大きな開きがでる場合があるということです。

 

それは、その地域の相場に詳しくない不動産会社が根拠なくだした金額である場合や、「机上査定」といって、実際に家を見ずに見積もった場合、契約を取るために業者が敢えて本来の価格よりも上げて提示してくる場合などの理由が考えられます。

 

そのため、持ち家の適性な売却価格を把握するためにも、1社だけでなく、いくつかの不動産会社に査定依頼をしておくことが失敗や後悔しない秘訣です。

 

 

子供のころから長く過ごしてきた実家を手放すというのは とても寂しく切ないものですが、遺産がその家しかなく財産分与のために売って現金で分割するといった場合や もう住む家族がいないということで、相続のあとに売却される人が多いのもまた事実!

 

親がいなくなり、数少ない肉親となる「兄弟姉妹」はこれまで以上に大切な存在となり、この先もずっと仲良くしていきたいのではないでしょうか?

 

 

また、親から知らされていなかった借金を想定外に返済することになった際にも、実家の売却が役立てられるかもしれません。

 

後々、相続する実家を 売却すると決めた時のためにも、良心的な不動産会社をこの機会に選んでおくと、手続きが2度手間にならず、業者選定の時間短縮となってスムーズに持ち家(一戸建て・分譲マンション)を売ることができますよ!

 

住宅を売却するのには、非常に長い期間と労力が必要となってしまうものです。

 

「良心的な不動産会社にめぐりあい、仲介業者を選定する」のに約1ヵ月ほど、「持ち家の売り出し内覧や交渉」で約3~5ヵ月ほど、「契約引き渡し」に1ヵ月ほどと半年前後もかかってしまい、必要な時に実家の売却が終わっていないということになりかねませんので、「査定」のような、事前にできることは 今すぐにでもやってしまいましょう。

 

無料の査定サイトで持ち家(一戸建て・マンション)の価格をさっそく調べましょう!

イエイ

イエイ」の公式ホームページ!

 

「イエイ」は、一戸建てや分譲マンションといった相続する「持ち家」の査定依頼を無料で出来るサービスです。

 

不動産会社1社だけでなく、いくつかの業者に面倒なく同時に査定を依頼することもできますよ。

 

 

パソコンから家にいながらでも大丈夫ですし、スマホから電車の移動中に査定依頼することも可能です。

 

暑い中や寒さで震えながら、不動産会社に出向く必要すらないというのがいいですよね!

 

「イエイ」で査定依頼をしてみる!

 

 

 

さて、ここまで「相続」の際に、真っ先にやっておくべきことをお伝えしてきました。

 

そして、実家(持ち家)は現金と違って、兄弟姉妹それぞれに分け与えるのが難しいということから、残念なことに、裁判沙汰になるようなトラブルに繋がっているということでしたよね。

 

それを回避するためには、持ち家(一戸建て・分譲マンション)の価値を前もって つかんでおくことが非常に大切です。

 

 

葬儀のあとに、「実家の価値」を調べるのは、時間も心にも余裕がなく負担が大きいものとなります。

 

人生の中でも相続というのは、「あなた自身」や「兄弟姉妹といった家族の絆」を、一生、左右するほど大きなターニングポイントとなるものなので、後回しにはせず、思い立った今、調べておくことが大切ですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました