当サイトでは「ウェディングプランナー・各専門家」や「葬儀・不動産・人事などの熟練の実務者」が分かりやすく徹底解説!

実家(マンション・戸建て)相続の手続き【価値確認や相続放棄の期限】

スポンサーリンク

マンション 相続手続き

実家(マンション・戸建て)相続の手続き【価値確認や相続放棄の期限】

スポンサーリンク

【相続で急いでやるべき手続き】前もって 親の「一戸建てやマンションなどの持ち家」の価値や「マイナスの遺産」を調べておきましょう!

被相続人が亡くなって早急にやるべき手続きと期限(2週間以内)!

親などの被相続人が亡くなったら、やらなければならない手続きは、あなたの想像以上にたくさんあります。

 

まずは、期限ごとに、相続やその他の手続きの流れをご案内していきましょう。

期限:なし(早急に)

・「遺言書」調査と検認手続き

・「相続人」を確定

・「遺産(プラスとマイナス両方)」の調査
 ⇒ 特に「持ち家」や「土地」などの不動産関連は最優先

・「遺産分割協議」の実施 (遺言書がない場合)

・「健康保険証」を返却

・「退職」手続きの実施

期限:7日

・「死亡診断書」を取得

・「死亡届」を提出

・「火葬許可証」「埋葬許可証」を取得

期限:10日

・「年金受給停止」手続き

・「年金受給権者死亡届」を提出

期限:14日

・「国民健康保険証」を返却

・介護保険の「資格喪失届」を提出

・「住民票」の抹消届の提出と除票の申請

・「世帯主の変更届」を提出

 

3ヶ月から5年の期限で相続関連でやるべき手続き!

期限:3ヶ月

・「相続放棄」「限定承認」の申請

・相続の「放棄」「承認」期間の延長申請

期限:4ヶ月

・所得税の確定申告 (準確定申告)

期限:10ヶ月

・「相続税」を申告

期限:1年

・「遺留分減殺請求」の期限

期限:2年

・「葬祭費」や「埋葬料」を請求

・「高額医療費」を請求

・「生命保険金」を請求

・「死亡一時金」を請求

期限:5年

・「遺族年金」の受給を申請

・「未支給の年金」を取得

・「相続税」の税務調査

期限:なし(早めの方が良い)

・「遺産分割協議書」の作成

・不動産や自動車の「名義変更」を登記

・銀行や証券口座の名義変更 or 解約を実施

 

「相続貧乏」や「遺産争い」にならないために真っ先にやっておくべき事!

これらの手続きの中でも、後手に回って手遅れにならないよう、「相続」前に、必ず、真っ先に把握しておかなければならないことは何なのでしょうか?

 

生前にも出来て、「相続貧乏」や「遺産争い」にならないために大切なのは、次の2点になります。

 

プラスの財産」の把握

プラスの遺産

●「戸建てや分譲マンションなどの持ち家や土地(不動産)」

相続が決まってから慌てふためかないために、親が所有する不動産の資産価値を前もって査定して調べておき、各書類をご両親にまとめておいてもらう必要があります。

 

※家族(子)であれば、家の査定は前もって簡単にすることが可能です。

 

●「貯金・現金」「株・FX・国債などの投資」

今は株やFXなどはネット証券などでの取引がメインですし、銀行口座も含めて「ID・パスワード」がわかるように 親に記載をしておいてもらうのが最善です。

 

●「保険金」「借地権・著作権などの権利や債権」など

どの保険に入っていて、どのような権利を持っているのかを「終活ノート」などに記しておいてもらうと良いでしょう。

 

マイナスの遺産」の調査

マイナスの遺産

●「住宅ローン

住宅ローンは数十年という単位で組んでいることが多いので、残債がどれくらいあるかを把握しておきましょう。

 

●「借金・未払い金」など

相続での非常によくあるトラブルが、亡くなった後に親の借金が発覚するケースです。

 

※生前には信じがたいことですが、親は子供に借金を打ち明けないことが多いものなので、相続後のトラブルを避けるためにも、「ひとごと」だとは思わないようにしておきましょう。

 

 

一戸建てや分譲マンションといった持ち家と土地の価値の把握が大切な理由!

なぜ、相続の資産「一戸建てや分譲マンションなどの持ち家と土地」の価値や「マイナスの遺産」を知るのが重要なのか?

重要なのは、亡くなった後に親の借金が発覚するなどして、「プラスの財産」よりも「マイナスの遺産」の方が上回るようであれば、「相続放棄」や「限定承認」を選ぶことができるということです。

 

※限定承認とは、相続するプラスの財産の範囲内でのみ、借金などのマイナスの遺産を相続する方法

 

 

例えば、実家の持ち家や土地しか資産がなく、その価値よりも 多額の借金やローンがあるにもかかわらず相続をしてしまったら、一生、取り返しのつかないほどの後悔を抱えかねません!

 

「相続放棄」を決定するためには、実家の「持ち家」や「土地」を売却した場合の価格を把握する必要があります。

 

実際に実家の「持ち家」や「土地」を売却したら、想定以上に高く売れて、相続した方が良いということがあるからです。

 

 

ただし、この「相続放棄」や「限定承認」ができるのは、相続となったのを知ってから3か月以内という期限があるんです。

 

葬式と法要、さまざまな届け出や請求を仕事もしながらしていかなければならない中で、「相続放棄」や「限定承認」の期限なんてあっという間に過ぎ去ってしまいますよ!

 

実家(持ち家)で相続争いといった揉めごとやトラブルが起きてしまいやすいのはどうして?

相続で裁判沙汰になるほど揉めるのは、

●遺産が1,000万円以下の場合が「30%以上」

●5,000万円以下の遺産となると「75%(全体の3/4)」にも及ぶ

 

●1億円以上の遺産がある場合のトラブルは、全体の「10%」にも満たない

 

というデータとなっており、相続争いがお金持ちのことや他人ごとではなく、身近な話であり、自分にも起きうる問題であるという認識が必要です。

 

さらに、

裁判沙汰となった相続争いの中で、持ち家の土地や家屋といった不動産を含んでいる割合が「85%以上」

 

このデータからも分かる通り、不動産を含んでいる相続では揉めごとが起こりやすい上、遺産が5,000万円に満たない場合の争いが全体の3/4もあることから、実家(持ち家)以外に大きな額の財産がないケースの方がトラブルが生じやすいことが読み取れます。

 

 

不動産は現金と違って、兄弟姉妹それぞれに分け与えるのが難しいですよね!

 

それが相続の財産分与において、裁判沙汰になるほどの揉めごとになりやすくしてしまっているのです。

 

実家(持ち家)における兄弟姉妹での相続争いを避けるには!

兄弟姉妹による相続争いとなる程こじれてしまうのが、実家などの「持ち家・マンション」「土地」といった遺産の財産分与が多いというところまではイメージできたでしょうか?

 

まず、親に財産分与の争いが起きないように明確に遺言書を記しておいてもらうことや、家族全員で相続に関して、生前から話し合いをしておくのは有効な手段の一つとなります。

 

遺言がない場合、具体的に親の財産をどのように分け合うのかを決めるのが「遺産分割協議」です。

 

遺産分割協議は、相続するプラスとマイナスの財産を全て調べあげてからでないとできませんし、相続人が1人でも参加していなければ無効となり、1人でも「NO」と言えば成立しません。

 

 

相続問題で揉めやすい実家(一戸建て分譲マンションなどの持ち家)」と「土地」に関しては、最優先して、実際の売却価格をあらかじめ調べておくことが重要です。

 

 

前もって実家の価値を知っておくことで、兄弟姉妹などとの売却財産分与について スムーズに話し合いや妥協点を探ることで最悪なトラブルの回避をすることができます。

 

相続が決まってからでは 時間も心にも余裕がない状況なので、後回しにしてしまうと、あの時にやっておくべきだったと悔いるものです。

 

 

親の生前中でも、家族が事前に「一戸建てやマンションなどの持ち家」や「土地」の価値の査定依頼が今は無料でできるので 前もってやってしまいましょう!

 

>>無料で「税理士相続税の相談」や「不動産の査定依頼」されるならこちらから【ノムコム】

 

 

【実家の価格を知るための 信頼できる一括査定サイト】

サービス名

料金入力時間登録業者数MAX紹介数対応地域

リビンマッチ

無料45秒~1,700社~6社全国

イエイ

無料60秒1,700社~6社全国

イエウール

無料60秒1,900社~6社全国

 

 

実家の持ち家やマンションの「相続」前に真っ先にやっておくべき事!
実家の持ち家やマンションの「相続」前に真っ先にやっておくべき事! ある日、親や身内が亡くなって、突如、相続するとなったら、 「相続や放棄 その期限と手続きって何をやったらいいのか全く分からない...…

 

タイトルとURLをコピーしました