結婚の顔合わせの食事会の場所・店や服装と挨拶・マナーをレクチャー!

スポンサーリンク

結婚顔合わせ食事会場所・店服装挨拶・マナーレクチャー!

愛する人と結婚して家庭を築くということ、それは、つまり彼(彼女)の両親や兄弟とも家族になるということ。

 

今後、お互いの家族ともに仲良くやっていくためにも、結婚をすると決めた2人にとって、両家の顔合わせは必要不可欠であり、その食事会はとっても大事なイベントですよね!

 

結婚が決まった両家の親が、初めて顔合わせをするという緊張するイベントではありますが、和やかな時間にして成功させたいものです。

 

今回は、結婚の顔合わせをすることになった際に、慌てなくても良いよう、食事会の場所・店や服装などの「準備」であったり「挨拶・マナー」などをご紹介していきたいと思います。

 

これを読んで、結婚の顔合わせをする相手の親御さんに失礼のないよう、しっかり準備をしていきましょう!

スポンサーリンク

 結婚の顔合わせの食事会・会場におすすめの場所・お店選び!?

実際に結婚したカップルが、顔合わせの食事会をした場所を聞いてみると「料亭ホテルレストラン」で行った人が大半にのぼります。

 

やはり、結婚の顔合わせの食事会のお店には、お料理には定評があり、マナーやサービスもきちんとしている場所を皆さん選ばれるようですね!

結婚を前に「顔合わせが初めて」という親御さんも多いので、分からないことはプロに教えてもらえるという安心感にもつながっています。

とは言え、実際にどんなお店を、結婚の顔合わせの場所として選べば良いか悩んでしまいますよね。

 

どういったポイントでお店を選べば良いのか、いろんな条件をもとに、結婚の顔合わせについて具体的にお話していきましょう!

 

遠方・近隣の場合の結婚 顔合わせの食事会のお店や場所と費用負担ってどうすれば!?

結婚する2人の地元が近い場合

どちらかの地元など、地元近隣のお店で結婚の顔合わせを行う場合が多いようです。

 

2人の地元が遠い場合は、

お互いの中間地点で結婚の顔合わせの食事会を行い、交通費や宿泊費等もどちらか一方の負担とならないように気を付けるという声が多く聞かれます。

 

もしくは、一方の地元で行う場合「来てもらう側が、結婚の顔合わせのお食事代を負担する」などで調整する場合もあるようですね!

 

地元は遠いが、2人の現在、住んでいる場所が近い場合などは、

2人の現在住んでいる場所の近くで結婚 顔合わせを行い、食事後は観光を兼ねて、その地域の観光スポットを案内するのも良いかもしれません。

また、結婚 顔合わせの食事会の場所の駅や空港からのアクセスもきちんと確認しておきましょう。

初めて訪れる場所の場合、最寄りの駅からの所要時間が、予想以上にかかってしまうことがよくあります。

 

道に迷ってしまう可能性もあるため、徒歩圏内であったり、バス停が近くにあるなど、なるべく分かりやすい場所で結婚 顔合わせの食事会をするのがおすすめ!

 

もしも、結婚 顔合わせの食事会のお店が駅から遠い場合は、タクシーを予約しておくなどの配慮があった方が良いですね。

 

金額に関わる話でもあるため、事前に両家の親御さんと相談されるほうが良いでしょう。

 

結婚 顔合わせの店・場所の雰囲気も大切!

結婚の顔合わせとは、両家の親睦を深めていく場ですよね。

 

お互いの親御さんに、打ち解けてもらう必要があるため、結婚 顔合わせの食事会は、なるべく和やかに食事を進められる雰囲気のお店が好ましいでしょう。

 

もちろん、両家が初めてそろう場だから、きっちりしたいという人いるはず。

結婚の顔合わせをどんな雰囲気で行いたいかによってお店選びは変わっていきますよね!

 

かっちりと結婚の顔合わせを行いたい場合は、格式・フォーマル感高めのホテル料亭

 

和やかさや、カジュアル感をもちたい場合は、アットホームな雰囲気のレストランなど。

内装もウッド調など、ナチュラルテイストのお店なんかも良いですね。

ただ、カジュアルとはいっても、にぎやかなお店は避けましょう

 

お互いの家族を紹介したり、今後の結婚式についての話が出てくる場合が多いため、周りの音で話が聞こえづらかったりすると、話がスムーズに進まないという危険性も!

 

結果、ぎくしゃくした雰囲気で結婚の顔合わせの食事会を終えることになってしまったらとても残念です。

結婚 顔合わせの食事会は、落ち着いて話ができそうな店という目線も大事なポイントですね。

 

結婚顔合わせ場所個室おすすめ!

先ほどもお話ししたように、今後についての大事な話題が出る場というのが結婚の顔合わせのため、落ち着いて話ができる場所選びが大事とお伝えしましたよね。

 

それにつながってくるのが、個室の予約です。

個室であれば両家だけの空間のため、ゆっくり会話がしやすいですよね。

 

それに、結婚式やプライベートな会話も、周りを気にせずスムーズに進めやすいため、結婚 顔合わせの場所に個室ある店を予約したというカップルも多いはず!

 

結婚の顔合わせの店は料理の種類も重要!?

結婚の顔合わせとは、お食事をとりながらということで、お料理のテイストも考えていかなければなりません。

 

和食・洋食・中華・フレンチ・イタリアンなど様々なテイストがありますが、結婚前の顔合わせにおいては和食が一番の人気です。

何度もいいますが、結婚の顔合わせとは両家の親御さん同席というのが一番のポイント。

 

フレンチやイタリアンは、フォークやナイフでの食事のため、結婚 顔合わせの時に普段食べ慣れていないものだと必要以上に緊張してしまい、会話に集中できなくなっては困るというのが背景にあります!

 

結婚 顔合わせの店が「絶対和食が良い」というわけではありませんが、年配の方もいらっしゃるため、和食の食事会が無難と思う方が多いのが現状のようですね。

 

スポンサーリンク

結婚の顔合わせでの女性の服装!?

実際に、結婚の顔合わせの日程が決まったら、準備しておきたいのは「服装」ですよね。

 

かしこまった場に出席するときは、ブラックのフォーマル着をイメージする人もいるのではないかと思いますが、女性の場合、結婚顔合わせの際はブラックは避けることをおすすめします。

 

結婚の顔合わせという、せっかくのおめでたい席ですので、お顔がパッと明るく華やかに見えるような服装がおすすめ!

とはいっても、何を着ていくか悩んでしまいますよね。

 

お食事するお店によっての、結婚顔合わせのおすすめの服装をご紹介していきましょう。

 

料亭で結婚 顔合わせをする場合の服装!

和食の料亭での結婚顔合わせであれば、訪問着色留袖がおすすめです。

 

これらは略礼装といって、同じ礼装のなかでもフォーマル度の高い第一礼装に比べて、少しカジュアルダウンしたものです。

ですので、和やかな結婚 顔合わせの食事会という雰囲気にはピッタリなんですよ!

また、振袖もOK

せっかく親御さんに買ってらったものだから、最後に結婚の顔合わせで、着ておきたいという女性も少なくないでしょう。

 

結婚顔合わせの場がとっても華やかになるので、相手の親御さんが喜んでくれたという話もよく聞きますよ。

 

ただ、注意しておきたいのは、振袖は第一礼であるということ。

結婚の顔合わせの場で、一人だけ各の高い第一礼装にして、他の人の服装との間に差が生じてしまうのはおすすめできません

 

事前に、結婚顔合わせの食事会では振袖を着るということを、相手側にも伝えておくのが無難です。

 

結婚の顔合わせをフレンチレストランでする場合の服装!?

フレンチレストランでの結婚顔合わせの場合は、お店の雰囲気にも合わせてワンピースがおすすめになります。

 

カラーは、ベージュや薄めのピンクなど、落ち着きもあって顔映りも良いものが最適ですよ!

安心感もかわいらしさも演出できるため、相手の親御さんにも好印象を与えることができるでしょう。

 

派手なカラーのものだと、自己主張が強いなど好ましくない印象につながる可能性もあるため、結婚の顔合わせという席では避けておく方が無難です。

 

今、ご紹介したのは、ごく一例にすぎません。

料亭でもワンピースや、レストランで着物であってももちろん大丈夫です!

 

ただ、ラフな服装で料亭や、カジュアルレストランで振袖というのは違和感もあってミスマッチ。

どんなお店の場合も、お店の雰囲気とかけ離れない服装を選ぶのが、結婚の顔合わせにおいて大きなポイントです。

 

スポンサーリンク

結婚の顔合わせ時の挨拶やマナーって!?

結婚 顔合わせの当日を迎えた朝は、緊張の一日の始まりですね。

 

結婚の顔合わせで両家が揃った時にどんな挨拶をするべきか、マナーってどんなことが必要なのかなど、不安要素がきっと盛りだくさんだと思います。

 

結婚顔合わせの当日に恥ずかしい思いをしないためにも、知っておくべきマナーや挨拶をご紹介していきますね。

 

結婚 顔合わせ時は父親が挨拶をやるべき?

結婚の顔合わせ当日、一番緊張するのは、全員が揃って最初の挨拶のときではないでしょうか?

 

結婚の顔合わせ冒頭の挨拶のため、かなり緊張する場面だと思います。

これを行う人は2パターンが考えられるんです。

1つ目は、2人家族を招いて結婚の顔合わせ食事会をする場合。

この場合に、結婚の顔合わせの挨拶をするのはです。

 

2つ目は、が結婚の顔合わせの主催をする場合。

この場合は、彼のお父さんが結婚顔合わせの挨拶をします。

家庭によっては、お父さんがいない場合もありますよね。

その場合は「彼がするのか」「彼のお母さんか」「彼の兄弟か」「はたまた彼女のお父さんが」という場合もあります。

 

結婚顔合わせの始まりの挨拶をした人が、基本的にはその食事会の進行役となるため、誰に務めてもらうのか事前に決めてもらうようにお願いしておきましょう

 

結婚 顔合わせの挨拶の例文!

結婚の顔合わせの挨拶の内容は、シンプルイズベストです。

結婚顔合わせの冒頭挨拶はしっかり行わなければと気合いが入るのは良い事ですが、早く料理を食べたいなと思っている人もいるかもしれませんよね。

本日は、私たちの婚約にあたり、顔合わせとして集まっていただきありがとうございます。

和やかな食事会となりますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

というような感じで、簡潔にまとめるのが好ましいでしょう。

 

スポンサーリンク

気を付けるべき 結婚 顔合わせのマナー!

次は、結婚の顔合わせの際に気を付けるべきマナーです。

 

相手の親御さんに悪い印象を与えてしまわないよう、くれぐれも結婚の顔合わせの際には心がけてほしいポイントをまとめますね!

 

結婚顔合わせの食事会での座り方のマナーはある!?

一般的に、結婚顔合わせの食事会で多いのは、真ん中に二人が座り、二人を囲むように父親・母親が掛けるという席順が話しやすくて多いパターンです。

 

もしくは、上座から父親・母親・本人という順番でもOK

 

結婚顔合わせの食事会の席順に絶対的な決まりはないので、全員が和やかに会話を進められる配置を考えてみるのも良いかもしれませんね!

 

結婚顔合わせで配慮したい服装のマナー

服装においては、結婚の顔合わせを行う場所の雰囲気両家の釣り合い考えましょう。

 

相手のお母さんは留袖なのに、こちらはワンピースとなると、結婚顔合わせで出会った瞬間から気まずくなってしまいますよね!

 

相手側と自分たちとの意向を伝えあい理解しあった上で、両家のを合わせるようにしておきましょう。

親御さん同士で相談が難しい場合は、新郎新婦2人を通してでも構いませんよ。

 

結婚 顔合わせでのお土産のマナー

相手側は結婚顔合わせでお土産を持って来てくれたのに、こちらは手ぶらとなるとやはり気まずいですよね。

これも、2人を通してで構わないので、親御さんに確認してみましょう。

もし、相手側が結婚 顔合わせでのお土産を用意をしてくれているなら、こちらも用意するのが無難です!

 

相手の親御さんたちの好みを聞いておくと準備しやすいですよ。

 

結婚 顔合わせ時最重要マナー:礼儀

初対面である結婚 顔合わせにおいては、これが一番大切です。

具体的には、姿勢目線

 

背筋が丸まっていると姿勢が悪く、暗い印象を与えてしまいます。

また、結婚 顔合わせ時にも関わらず、目線が合っていないと失礼な印象で、不快感にもつながってしまいますよね!

 

結婚 顔合わせの場で緊張しているのは、相手側も同じ

背筋を正して、お話する人の目を見てハッキリとお話ししましょう。

 

結婚の顔合わせには、絶対のルールというものがありません。

 

ルールがないからこそ迷ってしまうことでもあるのですが、これから家族になろうという大切な人たちとの大切な場です。

 

2人を通じて事前にコミュニケーションをとりながら、結婚顔合わせの一般的なマナーを考慮したうえで準備を行っていって下さいね!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました