結婚 報告を会社へはいつ?入籍後?男・女別の報告と挨拶のタイミング!

スポンサーリンク

結婚 報告会社へはいつ?入籍後?男・女別報告挨拶タイミング!

結婚することが決まったら、今までお世話になった人や、これからお世話になる人たちに報告するのがマナー!

 

その中でも、職場の上司や先輩・同僚への結婚報告というのは、実は親族と同じくらい慎重に進めるべき重要なことだという認識はありましたか?

 

職場への結婚報告を軽く見ていた結果、その後の関係が悪くなってしまうケースも意外と多かったりするんですよ。

 

 

結婚するということは、少なからずその人の環境が変わるということ。

書類等の手続きであったり、業務のことであったり、その人自身の就業スタイルであったり。

 

これまでに培ってきた関係性を崩してしまわないためにも、手順を踏んできちんと報告していきましょう!

 

ポイントをお伝えするので、よく読んでくださいね。

スポンサーリンク

結婚報告の挨拶を会社にするタイミング(時期)って入籍後?一体いつが良いの!?

結婚報告の挨拶を会社にするのは、いつが良いのか!?

 

結論から言いますと、遅くとも「入籍もしくは、結婚式3~4か月前」には報告するべきだと言えるでしょう。

入籍後やギリギリになってしまうのは良くありません。

入籍後では駄目な理由としては、

・年金や保険等の公的書類の手続きが必要

・結婚式に会社の人に出席してもらいたい場合、その人にスケジュールを空けてもらわないといけない

・結婚式や新婚旅行で長期休暇をとる場合、他のひとに業務を代わりに行ってもらう必要があるため

など様々です。

 

結婚するのは自分ですが、周りの人にも影響が出るのは明白なので、入籍後など悠長なことを言わず、なるべく早めに報告するよう心がけましょう。

 

入籍をするのみで、式も旅行もしないという場合はいつが良いのか!?

 

入籍のみであっても手続きは必要となるので、1か月前には報告するのが望ましいですね。

けれど、このタイミングはあくまでも目安です。

会社によっては就業規則等で「〇か月前までに報告する」と決められている場合もあるため、事前に必ず確認しておきましょう!

 

スポンサーリンク

結婚報告の挨拶をするのは会社の誰?同僚・先輩・上司・総務への報告の順番は!?

結婚報告のタイミングが決まったら、次は誰に報告するのか、挨拶する順番はどうすれば良いのかを決めていきます。

 

この順番も間違わないよう気を付けていきましょう。

守るべき順番はこうです。

  1. 直属の上司
  2. 上長
  3. 先輩
  4. 同僚

 

まず、一番最初に報告するべき相手は、自分の直属の上司です。

 

通常の業務でも、何かあれば上司に相談しますよね。

結婚報告もそれと同じ。

 

嬉しさのあまり、同僚や仲の良い人たちに先に報告や挨拶したいという思いはよく分かります。

ですが、周りからの噂話として、上司の耳に入ってしまう場合を考えてみてください。

 

自分があとから知ったということが分かってしまうと、上司のメンツは丸つぶれとなり、気を悪くされてしまう可能性がとても高いものです!

 

もしも同僚に先に話してしまった場合は、まだ上司には話していない旨を説明し、公にはしないよう一言お願いをしておくのが無難ですね。

また、お昼休みや業務が始まる前など、比較的時間に余裕があり忙しくないタイミングを狙いましょう。

ゆっくり話せる時間に、落ち着いて報告するのもマナーですよ。

 

直属の上司に報告した次は、さらにその上の人に報告することが多いようですね。

ただ、これらは上司の指示に従うのが良いかもしれません。

 

上長への報告なのか、それとも同僚に言って良いのかを聞いてみましょう。

 

「次のミーティングの日、冒頭でみんなに紹介をしよう」というように、何かしら指示をもらえるはずです。

 

「上長には僕から伝えておくよ」というように、代わりに報告をしてもらえる場合も考えらます。

特に指示がない場合は、先に記載した順番で報告するのが無難でしょう。

 

 

そのほかに、自分の職場・部署以外にも報告をしておいた方が良い人というのがあります。

 

それが総務(人事)

結婚についての、手続き関係を行ってくれる部署の担当者の方です。

 

特に結婚で苗が変わる場合、保険や年金等で公的な手続きが必要となるため、何を用意するべきか等、担当の人にきちんと確認をとるようにしておきましょうね。

 

結婚式をしない場合の会社への結婚報告!

結婚式はせずに入籍のみで済ませる場合の報告は「両家の意向で入籍のみ」であることを伝えれば、きっとそれ以上のことは何も問われないはずです。 

 

その場合も総務関係の手続は必要なので、やはり入籍の遅くとも1か月前には報告をするのが良いですね。

 

会社の取引先への結婚報告はどうすべき!?

取引先にも報告をするべきか悩む人もいるかと思いますが、基本的には、特にしなくて大丈夫です。

 

お祝いであったり電報を用意しないといけないのではないかと、気を使わせてしまう恐れがあるため、特に報告をしないという人が多いのではないでしょうか!

 

ですが、結婚して苗字が変わり、職場でも新姓で働くという場合には、伝えておくほうが良いかもしれませんね。

 

これについては自分の話だけではなく、会社としてのお付き合いもあるため、最終的には上司に相談して指示を仰ぐのが無難で良いでしょう。

 

派遣社員の場合の結婚報告の挨拶は会社の誰にすれば!?

「派遣社員として働いている自分の場合はどうなんだろう」と悩んでしまう人もきっといますよね。

 

その場合、一番に報告するべき相手は、勤務先の上司ではなく、雇用先の派遣会社の人に報告するのが正解です。

 

登録内容に変更がある場合も考えられるため、まずは派遣会社に報告するようにしましょう。

 

働いている職場の人への報告はそのあとです。

今後の、自分の働き方をきちんと伝えるようにしましょうね。

 

これが適当であったり失礼な報告の仕方になってしまうと、雇用先である派遣会社自体の印象も悪くなり、今後の派遣の受け入れを断られてしまうということも考えられます。

 

自分は退職するからどうのという問題ではなく、これから先の人たちのことも考えて、マナーはしっかり考えるように注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

会社に結婚報告をする際の男(男性)・女(女性)それぞれの伝え方ポイント

男(男性)が会社に結婚報告をする際のタイミングと注意点

男性が気を付けるべきことは、基本的にはこれまでにお話ししてきた内容と同じですが、妻となる相手が被扶養者となる場合、健康保険関連の手続きが必要な場合があります。

 

今後、家族に何かあった場合、すぐに説明ができるためにも、会社には報告をしておきましょう。

 

また、報告するタイミングは、結婚を両家に認めてもらったあとのほうが良いと言えます。

 

両家の挨拶の前に会社に報告してしまい、「親に認めてもらえず、入籍が延期になってしまった」のでは、その人自身の信頼性も失われる可能性も考えられます。

 

必ず、両家の承諾を得たあとで報告をするようにしてくださいね。

 

女(女性)が会社に結婚報告をする場合の重要ポイント!

結婚退職をするのか、それともこのまま働き続けるつもりなのか、ということが、上司としては一番知っておきたいポイントとなるでしょう。

 

退職する場合は、退職希望日を伝え、引継ぎや書類関係の話を進めていかなければなりません。

 

働き続ける場合も、出産を希望してるのか、引っ越しによる休暇が必要なのかなど、今後についても上司は把握しておきたいと思っているはずです。

 

まだ、具体的に決まっていない場合は、見通しが立ち次第、早めに報告するのが良いでしょう。

 

会社への結婚報告の男・女 共通の伝え方のポイント

職場でも、特に上司に結婚報告をする場合、結婚をするということだけではなく、合わせて伝えておくべき事項というものがあります。

 

それらを順番にご紹介しますね。

 

長期休暇ついての伝え方

結婚式や引っ越し、新婚旅行を考えている場合は、長期休暇が必要です。

 

しかし、繁忙期等の会社が忙しいタイミングで行ってしまうと、職場に迷惑がかかる可能性もありますよね。

 

職場への影響も考えて、時期期間を相談するようにしましょう。

 

結婚式会社報告する伝え方!

結婚式に上司を招待する場合、その人の予定を空けてもらわないといけませんよね。

 

結婚報告と合わせて、式場と日程を一緒に伝えるのが一番スムーズです。

さらに、スピーチをお願いしたい場合は、その旨も伝えておきましょう。

 

ギリギリでお願いしてしまうのは、準備や練習時間が短くなってしまうので良くありません。

なるべく、早いタイミングでお願いするように心がけましょうね。

 

結婚式に招待しない場合は、「親族だけで行うことにした」「結婚式はしない」という伝え方が、角が立たずに良いでしょう。

 

スポンサーリンク

会社への結婚報告でメールはあり?メールでの報告の例文(文例)!

結婚という大切な報告は、やはり面と向かって直接伝えるのがベスト

 

ですが、報告すべき人が多すぎたり、地方や海外など遠方にいて直接が難しい場合などは、メールでの報告もやむを得ませんよね。

 

先に上司に相談してからの方が良いですが、メール報告の際の注意点をお伝えしますね。

 

会社へのメールでの結婚報告の例文(文例)!

メールでの報告の際にポイントとなってくるのは、結婚報告結婚式仕事は続けるのかです。

 

結婚式はするのかしないのか、その人を招待するのかしないのかで、メールに書く内容が大きく変わってきますよね。

 

招待する場合その人が返事をしやすいように、結婚式の日時や場所などの詳細も合わせて書くのが親切ですよ。

 

また、今後は仕事を続けるのかどうかということが、特に会社の人は気になるところでしょう。

辞める場合は、いつになるのかも具体的に記載し、お世話になったお礼の一言を添えるのがマナーです。

 

下に例文を載せておくので参考にしてみてください。

〇〇部 〇〇課

△△様

お疲れ様です。お忙しいところ失礼いたします。

私事で大変恐縮ですが、この度結婚する運びとなり、ご報告させていただきます。

 

〇月〇日に△△式場にて結婚式を行いますので、△△様にもご出席いただければ幸いです。

 

時間等の詳細には、後日改めて招待状をお送りいたしますので、何卒お願い申し上げます。

今後は仕事と家庭の両立を目指し、より一層精進して参ります。

 

ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

いかがでしたか?

結婚するとなれば、これまでお世話になってきた会社の方々へ、きちんと報告することが大切です。

 

報告が遅かったり失礼な報告の仕方になると、これまでの信頼関係が崩れてしまい、人間関係の悪化につながってしまう場合も考えられます。

 

せっかくのおめでたい報告です。

マナーを守って、快くお祝いしてもらえるような結婚報告にしてくださいね。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました