結婚式のお呼ばれでのレースのドレス!20~30代のコーデやマナー

結婚式ドレス レース

結婚式お呼ばれでのレースドレス!20~30代コーデマナー

20代・30代は、まさに結婚式ラッシュ!

「1年に何度も結婚式へお呼ばれする」なんて事もしばしば。

 

結婚式への参列において、一番の悩みどころはドレスですよね。

 

「どういうドレスを着よう」とワクワクする一方、「派手すぎない方がいいのか」「腕や肌は隠すべきなのか」など、マナーに関しても気掛かりなんじゃないでしょうか?

 

そして、近頃、人気を集めている、レースがあしらわれたお呼ばれでのドレス。

結婚式ゲストドレスレース

レースを用いたドレスと言っても、袖ありのロングタイプタイトドレスパンツスタイルなど種類は盛りだくさん。

 

そのうえ、20代や30代といった年代別にも、レースドレスの選び方は全く異なってくるんですよ。

 

こちらでは、結婚式におけるコーデマナーを意識しながらも、お洒落なレースドレス、また、それぞれのスタイルにあったインナーまでご案内していきますね。

 

お呼ばれドレスの懸念を解決して、結婚式を心おきなく楽しみましょう!

  1. 結婚式や二次会へゲストとしてお呼ばれでのレースドレスのマナー!腕や肌の露出と黒やグレー・タイトタイプはもってのほか!?
    1. 今さら聞けない!結婚式や二次会お呼ばれでのレースドレスのマナー!
    2. 結婚式のゲストとしてお呼ばれでのドレスでレースや腕・肌の露出と黒やグレー・タイトタイプってOK!?
  2. 結婚式においては年代に合ったコーデをしたい!20代・30代別レースドレスの違い
    1. 結婚式における20代のレースドレスのコーデとマナー
    2. 30代での結婚式のお呼ばれのレースドレスのコーデやマナー!
  3. 親族ゲストが参列する結婚式と二次会や寒い冬はどうする?マナーも踏まえてロングや袖あり・長袖などシーン別レースドレス!
    1. ロングや袖あり・長袖が好まれる!?親族ゲストが参列する結婚式のレースドレス
    2. 結婚式の二次会においてもコーデに関するマナーはある!?会場別にみるおすすめのレースドレス!
    3. 寒くてもお洒落は欠かせない!冬の結婚式のレースドレス
  4. 結婚式において流行りの黒・グレーを着こなしたい!親族に好まれるスタイルと冬でも安心な20代や30代のレースドレスとは!
    1. 結婚式なのに20代で黒やグレードレスは華やかさに欠ける!?レースならそんな不安も解決!
    2. 親族参列の結婚式においてもOKな黒やグレードレスは!?冬でも安心の30代レースの着こなし方
  5. 結婚式へお呼ばれならインナーも大切!長袖・袖ありやロング・タイトなどレースドレス別に紹介
    1. 冬の結婚式においてお呼ばれで活躍する長袖・袖ありとロングレースドレスのインナーは?
    2. 結婚式での二次会などに着られるタイトなレースドレスなら要はインナー!
  6. 腕・ウエストを細く見せたい・・・インナーでスタイルアップが叶う!?結婚式において着るレースドレスを綺麗に着こなす方法
    1. 二の腕をとにかく細くしたいならこれ!結婚式において着る長袖レースドレスと合わせたいインナー
    2. 結婚式以外でも使える!ウエスト引き締めはこれ!レースドレスのインナー
  7. 結婚式参列もこれで安心!人気のレースドレスを着こなして当日を満喫!
スポンサーリンク

結婚式や二次会へゲストとしてお呼ばれでのレースドレスのマナー!腕や肌の露出と黒やグレー・タイトタイプはもってのほか!?

結婚式や二次会へ出席する際、参列者が着るドレスにおいてはマナーがあります。

それでは、どういうドレスが言語道断だとされているのでしょうか。

 

 

今さら聞けない!結婚式や二次会お呼ばれでのレースドレスのマナー!

基本的ですが、白のドレスは花嫁さんとカブるため避けるべきです。
黒とかグレーの暗い色のドレスは、駄目と思われがちですがそんな事はありません。

不安であれば、バッグやくつを明るめの色にするなど、部分的にカラーを取り入れるといいでしょう。

 

また、袖ありのレースドレスなら腕や肩の部分が透けているデザインもあり、全体像が暗いイメージにはならないためお薦めです。

 

結婚式のゲストとしてお呼ばれでのドレスでレースや腕・肌の露出と黒やグレー・タイトタイプってOK!?

結婚式へ参列する際、肩だしや素足など、極端な肌の露出はよくないとされています。

しかしながら、レースのように透けたデザインは、実際に露出しているわけではないので問題ありません。

 

体のラインが出るようなタイトタイプのドレスも、結婚式においては控えた方が無難です。

ボレロやショールを羽織るなどして、挙式に参列する場合は、ことさら 露出を極力おさえましょう。

 

結婚式においては年代に合ったコーデをしたい!20代・30代別レースドレスの違い

レースドレスは20代・30代とそれぞれ年代によって、異なったコーデが楽しめます。

 

こちらでは、どういう違いがあるのか、年代別のコーデについての差もご案内していきましょう。

 

結婚式における20代のレースドレスのコーデとマナー

20代でのレースドレスはやはり、その若さを活かした華やかなコーデがおススメです。

 

カラーでいうなら、パステルカラー

なかでも、ピンク色のレースのドレスは断トツ人気です。

結婚式 ドレス 20代 レース

レースドレスにリボンを取り入れたデザインも、20代だからできるスタイルですよね。

 

ただし、20代だからといって、短すぎる丈のレースのドレスは NGです。

短くても、ひざ丈のドレスを選ぶようにしましょう。

 

30代での結婚式のお呼ばれのレースドレスのコーデやマナー!

30代になると社会的な経験も豊富で、20代とは異なる品格が出てきます。

着るドレスも、気品があるエレガントスタイルを選びたいところ。

結婚式ドレス 30代 レース

シックなパンツスタイルや ひざ下ロング丈の総レースドレスは、30代だからこそ着こなせるデザインです。

 

また、30代になると体形が気になりだす頃ですが、ひざ下ロング丈や袖ありのレースドレスは、お洒落に上手くカバーしてくれますよ。

 

カラーでいえば、スモーキーピンクや、最近流行りのブルーグレーなど 落ち着いた色合いのドレスがおススメ。

 

落ち着いたカラーのドレスを選ぶ代わりに、鞄やバッグなどは、ラメ入りといった華やかな小物を取り入れると、より上品 かつ お洒落な印象を与える事ができますよ!

親族ゲストが参列する結婚式と二次会や寒い冬はどうする?マナーも踏まえてロングや袖あり・長袖などシーン別レースドレス!

お呼ばれドレスの基本的なマナーについてわかったところで、こちらでは、親族が参列する場合や、二次会へ出席する場合に加え、寒い冬の結婚式の対処方などをご案内していきましょう。

 

ロングや袖あり・長袖が好まれる!?親族ゲストが参列する結婚式のレースドレス

親族ゲストの中で、ひときわ、年配の方は露出が多いスタイルや体のラインが出るタイトなドレスを好みません。

 

「ああいう子が友達なんだ」と新郎新婦にも恥をかかせてしまう可能性があります。

そうとはいえ、親族ゲストに配慮し過ぎて、着たいドレスが着れないなど、通常はそこまでこだわる必要はありません

 

ただし、目安として、格式高いホテル古くからある専門式場などで挙式される新郎新婦は、親族ゲストに配慮している可能性があります。

 

そういった場合は、親族ゲストがいることを頭に置いて、ドレスに配慮した方がいいかもしれませんね。

 

親族ゲストが参列する結婚式において、お薦めなのは ロングタイプ袖がレース素材の長袖タイプのドレスなど大人なスタイルが無難です。

結婚式 ドレス レース お呼ばれ

総レースのドレスなら、袖ありやロングタイプでも重く見える事がなく、上品さを演出することができ、親族ゲストにも好印象を与える事ができるでしょう。

 

結婚式の二次会においてもコーデに関するマナーはある!?会場別にみるおすすめのレースドレス!

二次会においては結婚式と比べると、比較的コーデにおけるマナーに関しては厳しくありません。

ただ、ホテル・レストランや居酒屋など、それぞれの会場に合ったコーデとすることが大切です。

 

こちらでは、会場別のコーデマナーやお薦めのレースドレスをご案内していきますね!

 

●ホテルでの二次会なら

ホテルであれば、基本的に結婚式と同じマナーを意識した方がいいでしょう。

ただ、二次会となると、夜に開かれることも多いはずです。

 

夜のパーティなら、多少の露出もOKなんですよ。

そこで、おススメなのがタイトなレースドレス

 

タイトなスタイルで個性を出しつつ、レース素材により上品に仕上げる事ができ、スタイリッシュな着こなしができます。

 

他のゲストと差をつけないなら、ぜひ、タイトドレスを試してみてください!

 

●レストランでの二次会なら

レストランでの二次会へは、カジュアルすぎない、セミフォーマルなスタイルが無難でしょう。

また、結婚式においては あまりよくないとされる、バイカラーのあるドレスもOKです。

 

花柄刺繍のレースドレスは、女性らしさを演出しながら、他のゲストとカブりにくく、個性の出しやすい一着。

 

何を着るか迷ったときは、ぜひ、チェックしてみてください!

 

●居酒屋での二次会なら

居酒屋での二次会においては、カジュアルなスタイルもありですが、デニムスニーカーなどは避けるべきです。

 

また、パーティドレスでは、フォーマルすぎて浮いてしまう可能性があります。

 

バイカラーで袖にレースがあしらわれている、綺麗めなワンピースや、パンツスタイルは適度にカジュアルを演出することができ、おススメですよ。

 

寒くてもお洒落は欠かせない!冬の結婚式のレースドレス

冬の結婚式においてのおススメのお呼ばれドレスは、ベロア素材のデザインです。

一般のドレスより、比較的寒さを防ぐことができ、見た目にも暖かく冬にぴったり。

 

袖が透けたレース素材のドレスなら、ベロアでも重く見えすぎる事もなく、大人可愛く仕上がります。

 

丈はロングより少し短めの方が、すっきり見せられるでしょう。

 

ベロア素材以外で冬らしさを演出したければ、袖ありや長袖のネイビー深めの緑ワインレッドなど、シックな色合いのドレスがおススメです。

 

また、レースをあしらった、5~7分丈のボレロジャケットを羽織ると、暖かさをキープできるうえに、よりお洒落さを格上げしてくれますよ。

結婚式において流行りの黒・グレーを着こなしたい!親族に好まれるスタイルと冬でも安心な20代や30代のレースドレスとは!

ひと昔前は、喪服をイメージさせるため、もってのほかとされていた黒ドレスですが、近頃では着こなしやすく、かつ お洒落にみせる事ができ、結婚式においても多く着られるようになりました。

 

また、ドレスとしては珍しいグレーは、個性も出しやすく お洒落上級者に人気です。

 

今回は、そんな2色の人気カラーのレースドレスから、年代別におススメなデザインを案内したいと思います。

 

結婚式なのに20代で黒やグレードレスは華やかさに欠ける!?レースならそんな不安も解決!

黒とかグレーのドレスを、20代で着こなすのは難しいのでは!?と思っているあなた。

そんな事はありませんよ!

結婚式 ドレスレース 黒

Aラインで膝丈の総レースの黒とかグレーのドレスは、きちんと感をだしつつ、華やかさも抜群で、20代だからこそできるスタイルです。

 

ウエストをリボンで結ぶなど、リボンを取り入れたデザインは、レース素材でも大人っぽさのなかに、可愛らしさも演出できておススメですよ。

 

親族参列の結婚式においてもOKな黒やグレードレスは!?冬でも安心の30代レースの着こなし方

「30代で黒とかグレーのドレスは、地味になるかも」と思うかもしれませんが、デザインに気をつければ、暗めの色でも華やかに見せる事ができます。

 

ミモレ丈でスカート部分が花柄レースの黒ドレスは、シックで大人可愛く仕上がりますよ。

 

また、総レースの長袖ブルーグレーのドレスなら、華やかさを適度におさえながら、エレガントな雰囲気を演出できます。

 

長袖なら冬にもぴったりですし、体形カバーもできて一石二鳥ですよね。

 

ミモレ丈の、あまり裾が広がらないタイプのドレスは、上品な印象を与えますので、親族がいる結婚式においてでも無難に着こなせるのでおススメですよ。

結婚式へお呼ばれならインナーも大切!長袖・袖ありやロング・タイトなどレースドレス別に紹介

結婚式へ着ていくお呼ばれドレスが決まったら、次は、インナー選びです。

「インナーなんて見えないんだから何でもいい」なんて思っていませんか?

 

インナーによって、ドレスの着こなし方やスタイルの見せ方も異なってくるので、実は とても重要なんですよ。

 

それぞれのデザインに合ったインナーを選んで、お呼ばれでのドレスを美しく着こなしましょう!

結婚式 ドレス レース インナー

 

冬の結婚式においてお呼ばれで活躍する長袖・袖ありとロングレースドレスのインナーは?

冬の結婚式において大活躍の長袖や袖あり、ロングタイプのレースドレスのインナーは割と選びやすく、キャミソールワンピがおすすめです。

 

一言でキャミソールワンピといっても、胸元がストレートなデザインやVネック、また、丈の長さもそれぞれ全く違います。

 

基本的に色合いはドレスと同じ近い色を選び、デザインに合わせてインナーをチョイスしましょう。

 

総レースのドレスはインナーが透けて見えるデザインも多いため、胸元がハート型にあいたデザインを選ぶなど、個性を出してお洒落を楽しめますよ。

 

肩から袖の部分が透けたレースドレスなら、肩ひものないストラップレスのインナーの方が、すっきり見せる事ができるのでおススメです。

 

結婚式での二次会などに着られるタイトなレースドレスなら要はインナー!

タイトなレースドレスは、そのまま体のラインが出やすいため、インナーが重要になってきます。

 

そのため、ヌーブラやアンダーバスト丈のチューブトップのみでドレスを着るのが無難でしょう。

 

合わせて、ハイウエストでヒップ丈のガードルを着れば、ヒップラインも美しく見せる事ができますよ。

 

ただ、デザインによっては、ガードルのラインが見えてしまう可能性もあるので、事前に試着して、後ろ姿を鏡でチェックするなど見え方を確認しておきましょう。

腕・ウエストを細く見せたい・・・インナーでスタイルアップが叶う!?結婚式において着るレースドレスを綺麗に着こなす方法

ここまで、一般的なインナーの合わせ方をご案内しましたが、最近では、着圧のインナーも多く出ており、スタイルアップが簡単にできる商品がたくさんあります。

 

今回は、「二の腕を何とかしたい」「ウエストを細く見せたい」など、お悩み別におススメのインナーをご案内しましょう。

 

二の腕をとにかく細くしたいならこれ!結婚式において着る長袖レースドレスと合わせたいインナー

ウエストが太いわけではないのに、腕だけボリュームがある・・・そんな悩み事を抱えているあなた!

腕にボリュームがあるとそれだけで、上半身が太く見られてしまうかもしれません。

 

そんなあなたにおススメなのは、肘上までの二の腕サポーターです。

肩甲骨までの丈のサポーターを着用すれば、お腹は引き締める事もなく お食事も楽にできます。

 

ただし、袖が透けたデザインのドレスとは合わせられないので、透けていない長袖のレースドレスを選ぶようにしましょう。

 

結婚式以外でも使える!ウエスト引き締めはこれ!レースドレスのインナー

Aラインや、タイトドレスを結婚式において着るなら、できる限りウエストを細く見せたいですよね。

ウエストを引き締めるインナーは、たくさん種類があり 選びやすくなっています。

 

一般的なのは、キャミソールタイプの着圧インナー

ウエストカバーだけでなく、バストのボリュームアップも叶うものも多数あります。

 

デコルテラインがあいたドレスなど、デザイン的にストラップレスのインナーの着用が必要な場合は、ハイウエストのガードルがおすすめです。

 

ウエストだけでなく、太ももやヒップも綺麗に見せてくれるガードルは、パンツスタイルでもそのカバー力を発揮してくれます。

 

もちろん、普段着にも役に立つので買って損はないですよね。

 

インナーで体形をカバーをすることで、不安を解消でき、より楽しい結婚式の時を過ごせる事でしょう!

結婚式参列もこれで安心!人気のレースドレスを着こなして当日を満喫!

レースを用いたドレスにおいては、袖ありや長袖、ロングやタイト、黒とかグレーの色合いなど、本当にたくさんの種類があります。

 

種類があるだけに、どうやって選ぶかによってゲストのセンスが問われます。

 

腕やウエストを細く見せるような、スタイルアップできるデザインを意識しながら、親族参列の結婚式や二次会、寒い冬に合ったコーデなど、シーンや季節に気をつけて、あなたにぴったりのレースドレスを見つけてくださいね!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました