結婚式の二次会でのご祝儀の渡し方とマナー!知らなきゃ大恥!!

スポンサーリンク

結婚式 二次会 ご祝儀

結婚式二次会でのご祝儀渡し方マナー!知らなきゃ大恥!!

結婚式の二次会に招待されると、なんだか嬉しいですよね。

 

お祝いの華やかな場所ですし、新郎新婦と親しい間柄なら、とっても楽しい時間なので当日までワクワクすることでしょう!

 

けれども、結婚の二次会に参加する際、考えてしまうのがご主義の渡し方やマナーについてです。

 

結婚式の二次会だけに呼ばれた場合、「会費とは別にご祝儀も用意した方が良いのか?」「渡したいけど渡し方やマナーはどうすれば?」とあなたは困惑していませんか?

結婚式 二次会 マナー ご祝儀

今日は、そんな結婚式二次会において、ご祝儀を渡したい場合の渡し方やマナーをお話していきます。

 

結婚式の二次会に参加する前に、こちらを読んで渡し方やマナーの参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

結婚式二次会においてご祝儀って渡すべきなの!?

そもそも、結婚式の二次会に参加する場合にもご祝儀って必要なのでしょうか。

 

答えは「必要ありません」。

二次会参加の会費がご祝儀の代わりとなっているからです。

 

たまに、披露宴をかねての結婚パーティーや、1.5次会をする場合も、招待状に『会費制で行います』と書かれる場合があります。

結婚式 二次会 マナー ご祝儀

その場合、『ご祝儀等のお心遣いは なさいませんようお願い申し上げます』という一文も記載されているかと思います。

 

それと同じで、結婚式の二次会だけの場合は、会費がご祝儀の代わりとなるので、会費とは別でご祝儀を用意する必要はないんですよ!

 

たまに、ご祝儀を渡している人もいますが、会社の上司であったり、披露宴を出席できなかった場合がほとんどなので、結婚式の二次会だけの場合はなくて大丈夫なんです。

 

ご祝儀を結婚式の二次会で渡したいなら渡しても良いの!?

先ほど、結婚式の二次会のみに参加の場合は、ご祝儀の準備はなくても大丈夫とお話ししました。

 

それでも、お祝いの気持ちを伝えるために、やはり、ご祝儀を渡したいという場合もありますよね。

結婚式 二次会 ご祝儀 渡し方

『披露宴はせずに親族のみの食事会だったため、ご祝儀を渡したいのに渡せなかった』ケースや、『どうしても披露宴に出席ができず、二次会からの参加になってしまった』場合などです。

 

その他、普段から仲良くしている人に、お祝いの気落ちを伝えたいと思う人もきっといますよね。

 

そんな風にご祝儀を渡したいと思っている場合は、当然ながら、渡しても大丈夫ですよ!

むしろ、そんな風に思ってもらえて、新郎新婦もとっても喜ばれるはずです。

 

結婚式二次会においてご祝儀を渡す場合の金額っていくらが相場!?

結婚式二次会においてご祝儀を渡したい場合ですが、金額っていくらくらい用意すれば良いのか分かりませんよね。

 

結婚式の披露宴に出席する場合、友人だと3万円が一般的なご祝儀の相場と言えます。

結婚式 二次会 ご祝儀

けれども、結婚式の二次会のみでご祝儀を渡したい場合、披露宴の時のような高額を包んでしまうと、かえって新郎新婦に気をつかわせてしまうことも考えられます。

 

そのため、結婚式の二次会の会費とは別で、5,000円~10,000円ほどをご祝儀として用意するのが無難だといえるでしょう。

 

結婚式の二次会でご祝儀以外のプレゼントって渡しても良いの!?

結婚式二次会において、お祝いの気持ちを伝えるために、ご祝儀のような現金以外のもので渡したいと考える場合、プレゼントとして品物を贈る方法もありますよ。

 

例えば、ギフト券を贈るというのはいかがでしょうか?

 

ギフト券であれば、『贈り物』というイメージも強いため、新郎新婦2人も、ご祝儀よりも受け取りやすくなりますね。

 

百貨店のギフト券や、最近であれば、Amazonのギフト券なんかも ご祝儀代わりとして人気です。

 

生活用品やちょっとした家具といった、新居に必要なものが買えてとっても便利なため、きっと2人にも喜んでもらえるでしょう。

結婚式 二次会

ご祝儀代わりとしてのその他のパターンとしては、ブランド物の食器や、人気の調理器具といったような何か品物でプレゼントを用意するという方法もおすすめですよ。

 

その方が、2人もより受け取りやすくなりますし、実用性のあるものであれば、2人にも喜んで使ってもらえますよね。

結婚式二次会のご祝儀を渡したい場合!渡し方はどうすれば良いの!?

いざ、結婚式二次会において、会費とは別にご祝儀を渡したい場合、渡し方はどのようにするのがスマートなのでしょうか?

 

いくつか結婚式二次会においてのご祝儀の渡し方のパターンをお教えしますね!

 

結婚式の二次会当日より前もってご祝儀を渡してしまうのが渡し方の一番のおすすめパターン!

結婚式の二次会当日、新郎新婦は何かとせかせかしてしまいます。

 

そのため、結婚式二次会においてのご祝儀の渡し方の一番の理想としては、当日のおよそ1週間ほど前のタイミングで、お祝いとして直接2人に会って、前もって手渡しをするのが最もスマートでしょう。

 

結婚式 二次会 ご祝儀 渡したい

そうすれば、ゆっくり話もできるし、直接渡すことで人の喜んだ顔が見られるので、渡したあなたも嬉しくなりますよ!

 

ご祝儀を結婚式二次会の当日に受付に渡してしまうのはあり!?

仕事と結婚式や二次会の準備で、事前にご祝儀を渡せるタイミングをつくるのが難しい場合もありますよね。

 

その場合は、結婚式二次会の当日にご祝儀を渡しても構いません。

 

結婚式の二次会で 2人は多忙な可能性が高いため、ご祝儀を受付に渡し係の人から渡してもらうのが良いですね。

 

結婚式二次会でご祝儀を渡す際のマナーって何かあるの!?

結婚式二次会でご祝儀を渡す際、気を付けてほしいマナーがあります。

 

それは『2人への贈りものであることを必ず伝え、誰からのご祝儀かが分かるように名前を必ず入れる』ということです。

 

せっかく結婚式二次会で 2人を思って用意したご祝儀なのに、誰からのものかが分からなくなってしまっては、2人もあとからお礼を伝えることができなくなってしまいますよね。

 

基本的なマナーですが、くれぐれも忘れないように注意しましょう。

 

二次会のご祝儀の準備についてお話ししましたが、マナーや渡し方の理解は深まったでしょうか?

 

ぜひ、結婚式二次会にご祝儀を渡したい場合には参考にしてみて下さいね。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました