当サイトでは「ウェディングプランナー・各専門家」や「葬儀・不動産・人事などの熟練の実務者」が分かりやすく徹底解説!

結婚式にストールはダサい?おしゃれなコーデや巻き方・結び方とマナー!

結婚式 ストール

結婚式ストールダサい?おしゃれコーデ結び方・巻き方マナー!

結婚式で着るワンピースなどのドレスに、ストールを合わせる女性が増えてきました。

 

結婚式のストールには、「春夏秋冬」シーズンを通して、おしゃれ目的以外にも さまざまな役割があるんです。

 

暑い時期の結婚式と、寒くなりつつある10月・11月から12月~2月頃までの本格的に寒いシーズンで用いるストールには、それぞれの季節に合わせた「素材」や「巻き方・結び方」があります。

 

結婚式での「マナー」や、ストールを買うときの「おすすめサイト」などもご案内していきましょう!

 

白やラメはOK?結婚式のストールの「結び方」「巻き方」や「コーデ」のマナー!

結婚式 ストール マナー

 

結婚式では、どういうストールがぴったりだと思いますか?

 

「白い色」や「ラメ付き」のようなデザイン性があるものなど、ストールにどのような「マナー」があるのか気になりますよね。

 

恥をかくことなく おしゃれに見られるよう、結婚式でのストールを用いたドレスコーデのマナーや、結び方・巻き方を分かりやすくお伝えしていきますね。

 

「白」のストールは結婚式ではNG?色のマナーを知ろう!

結婚式 ストール 白

 

結婚式において、女性ゲストが「白」のドレスを着用するのがNGなのは常識ですよね!

 

実は、「」のストールも、結婚式では控えなければならない色なんです。

 

新緑が彩る5月など、「白」のストールを選びたくなる季節ですが、結婚式ではマナー違反になるのでご注意下さいね。

 

素材がコットンやシフォンのような軽いストールでも、「白」がベースカラーであれば、控えた方が無難でしょう。

 

 

ストールの色は、以外の「パステルカラー」をコーデすると上品に見えて、結婚式にぴったりですよ。

 

ストールに白い糸でレースなどの刺繍がデザインされている程度であれば、まったく問題ありませんので安心して下さいね。

 

余談ですが、ストールより厚手の生地のことを「ショール」と呼びますが、現在は大きな違いはないので知識として覚えておくと良いでしょう。

 

おしゃれで人気!でもラメ付のストールは結婚式ではグレーゾーン!

華やかさがおしゃれな「ラメ」ですが、結婚式では少し配慮しなければなりません。

 

ダンス大会で使用するような、ピンクや黄色などのビビットカラーの生地に、ラメが施された派手なストールは、どんな素材であっても結婚式では目立ち過ぎてしまい、ダサい感じに見られてしまう可能性があります。

 

ダサいと思われないためには、ベージュや薄いピンクのような「パステルカラー」で、軽やかな素材のストールに、さりげなくラメが散りばめられたくらいのデザインがおすすめですよ。

 

また、シフォンなど、ストールの素材・品質によっては、ラメが落ちやすいものもあります。

 

ラメ付きのストールを購入する際は、なるべく手に取って選ぶようにしましょう。

 

一歩間違えるとダサいコーデに!結婚式のストールの結び方・巻き方

結婚式 ストール ダサい

 

ストールの「結び方」「巻き方」を間違えると、少しダサいコーデになってしまいがちです。

 

どういった巻き方がダサいかというと、冬に活躍する「マフラー」のようなストールの使い方です。

 

結婚式においてマフラーのような巻き方をしていると、おしゃれというよりも「防寒」の印象が強くなってしまいます。

 

冬の結婚式の行き帰りには向いていますが、披露宴会場でマフラーのような巻き方は控えましょう。

 

それでは、結婚式に向いているおしゃれなストールの「結び方」「巻き方」をご紹介しますね!

 

 

【結婚式でのストールのおしゃれな「結び方」「巻き方」】

ひとつ結び

結婚式では、一番ベーシックなストールの結び方です。

 

羽織るように肩から掛け、ストールの両端をまとめて、胸の下あたりで交差させて1回結びます。

 

ストールの素材によっては、1回結ぶだけだと すぐほどけてしまったり、結び目が緩いのが苦手な人は、もう一度結んでおくと良いでしょう。

 

結んだ先は、ストールの大きさにもよりますが、【15㎝~20㎝】くらいを基準に垂らしておくとバランスも良くエレガントに見えますよ。

 

ひとつ結びは、「薄い素材」なら簡単に出来る結び方ですが、10月・11月や12月から2月頃までの寒い時期は「厚手のストール」になるので、羽織るだけにするとおしゃれですよ!

 

 

ブローチ・コサージュ留め

ひとつ結びと同じで、ストールを肩から羽織るだけで簡単に出来るアレンジ方法です。

 

結ぶ代わりに、胸のあたりでブローチコサージュを使ってストールを留めるのがポイント!

 

厚手のストールのときは、ぜひ 試してみて下さいね。

 

また、コサージュやブローチは、ストールの留める位置によっては少しダサい印象になってしまいます。

 

胸の真ん中ではなく、ストールを重ねて、留める位置だけを左右どちらかにずらすと、ダサい感じではなくなるので チャレンジしてみて下さいね。

 

結婚式のストールは羽織るだけ?おしゃれ以外の役割や保管の仕方!

結婚式に参加するゲストのストールの「役割」は、おしゃれに羽織るだけではありません。

 

初夏と言われる5月からと、10月・11月や12月~2月頃までの寒い時期に役立つ、ストールの「メリット」や、羽織らなかったときの「保管場所」についてご紹介していきましょう。

 

ストールは女性にとってメリットだらけ!結婚式での意外な役割!

春夏秋冬、結婚式はいつ行われるか分かりませんよね。

 

【ストールをするメリット】

肌を隠す

結婚式において、肌を出し過ぎるのはNG

女性が着るドレスは、半袖やノースリーブが多いため、露出した肌を隠す役割があります。

 

身体を冷やさない

最近は、5月頃から暑くなりますし、秋や冬は 外と室内の温度差が激しく、女性にとって体を冷やさないようにするストールは必須アイテムです。

 

また、最近の結婚式会場は、5月・6月の気温が安定している時期でも、必ず 冷暖房が付いているので、簡単に体温調整が出来るストールを積極的に取り入れると良いでしょう。

 

披露宴中にストールを羽織るのはNG?結婚式の保管場所

結婚式の最中に、ストールを羽織るのはマナー違反ではありませんが、素材によっては配慮が必要です。

 

薄い素材のストール」を、食事中に羽織るのは問題ありません。

 

しかし、「厚手のストール」は、毛羽立ちや重い印象に見られるため 披露宴中は外しましょう。

 

また、ストールを外した際、「ひざ掛け」のように使用することがあります。

 

マナーが悪い訳ではありませんが、食事中の汚れる原因になるので、「引き出物の袋」に保管するか、「座席の後ろ」に畳んで置くようにしましょう。

 

5月からはストール必須?結婚式では春夏秋冬で素材を使い分けよう!

ストールの素材と言われても、どんなものが良いのか迷いますよね。

 

春先から夏の暑さが目立ち始める5月以降、または、10月・11月の秋や、12月から2月までの冬のシーズンに向いているものなど、結婚式でおすすめの「ストールの素材」をご紹介します!

 

夏がはじまる5月から使える!結婚式で一押しのストールの素材!

9月 結婚式 ストール

 

季節に関係なく使えるストールは、コーデの良いアクセントになり便利なアイテムですよね。

 

夏の結婚式でおすすめの「ストールの素材」をお伝えしていきましょう!

 

 

【夏におすすめの素材】

シルクシフォン

軽やかで薄手の「シルクシフォン」は、光沢のある滑らかな肌触りが特徴で、結婚式などのパーティーでよく見られます。

 

コットン

コットン」は、柔らかな肌触りが特徴です。

 

レースなどの刺繍が施されたストールが多く、結婚式のような場では、上品で清楚な雰囲気のコーデが出来るので、おしゃれな女性の間で流行っています。

 

吸湿性・通気性も抜群なので、気温が上がる5月以降の夏場は 特に重宝しますよ!

 

また、「シルクシフォン」や「コットン」は、夏だけなく、肌寒い時期もおしゃれアイテムとして取り入れられるので、積極的にドレスコーデにプラスしてみて下さいね。

 

10月・11月や12月の寒い時期の結婚式!秋・冬の肌寒い季節のストール素材

結婚式 ストール 冬 素材

 

秋が始まる10月や、11月・12月から2月の寒い冬を迎える季節にぴったりの「ストールの素材」をお伝えします!

 

 

【冬におすすめの素材】

ウール

羊の毛のことを「ウール」と言います。

 

保温性と吸湿性に優れており、ウール特有の厚みがあるものから、圧縮して軽やかさを出したストールなどがあります。

 

デザインやブランドによりますが、低コストなものから高級品まで品揃えが豊富なので、好きな肌触りのウールのストールが見つかりやすいのが魅力です!

 

カシミヤ

高級織物として名高い「カシミヤ」は、間違いなく長く使える” 一級品 “です。

 

希少価値が高いカシミヤヤギの毛から作られており、軽くて柔らかな肌触りと、光沢のある上品な風合いが特徴なんですよ。

 

カシミヤ特有の軽さと合わせて、保温・保湿性も優れているので、10月・11月や12月~2月頃の寒い時期に最も重宝する素材と言えるでしょう。

 

もうダサいなんて言わせない!結婚式のストールの一押しブランドや通販サイト!

結婚式のようなお祝いの席だけでなく、日常でもストールを着けて「ダサい」と思われたくないですよね!

 

結婚式でダサいと思われないためには、ワンピースなどのドレスに合ったコーデをするか、品質の良いストールをサッと羽織るのが理想的です。

 

そこで、おすすめの「ブランド」や「通販サイト」だけでなく、結婚式のゲスト用ドレスとストールなどのアイテムが充実している、一押しの「レンタルサイト」もご紹介しましょう!

 

10月・11月や12月からの冬の結婚式!ストールの品質にこだわったブランド

10月・11月の秋頃や12月から2月の冬の時期はカシミヤがぴったり!

 

結婚式にも使えるストールを取り扱っており、デザインもシンプルでおすすめなのが 誰もが知っている【無印】です。

 

通常、カシミアのストールは、多くのブランドが【約15,000円】くらいの価格で取り扱っています。

 

しかし、高品質でおしゃれなデザインのストールが、 【約5,000円】で購入できる「無印」は、お財布にも優しくて おすすめですよ!

 

ゲスト用ドレスに合わせた結婚式らしいストールならこのサイトが必見!

結婚式に、大人の女性らしいコーデで参加するときは、【ONWARD CROSSET(オンワードクローゼット)】で探してみるのが良いでしょう。

 

結婚式 ストール おしゃれ

 

ONWARD CROSSET(オンワードクローゼット)には、ゲスト用ドレスの取り扱いだけでなく、ストールの素材も「シフォン」「コットン」や、華やかな「レース」「ラメチュール」などの品揃えが豊富で迷ってしまいますよ!

オンワード・クローゼット

結婚式だけでなく、普段の生活でも使えるシンプルなストールも取り扱っているので、ぜひ ご覧になってみて下さいね。

 

ゲスト用ドレスとストールをまとめて借りる!結婚式におすすめのレンタルサイト

結婚式で着るゲスト用のドレスは、購入だけでなくレンタルもできることをご存じですか?

 

ドレスだけでなく、ストールなどの ” アイテム ” が充実している【Liliarge(リリアージュ)】というレンタルサイトをご紹介しましょう!

 

Liliarge(リリアージュ)】は、結婚式のゲスト用ドレスを専門に扱う「レンタルサイト」です。

シフォンやレースなど、パーティー仕様の華やかなストールが充実していますよ。

 

Liliarge(リリアージュ)】のレンタル価格はお手頃なので、時間がないときや 忙しい方にピッタリのサイトです。

 

ストールなどのアイテムと一緒にゲスト用ドレスも選べば、効率良くコーディネートが出来るので助かります。

 

 

サッと羽織るだけで、冷え対策・露出を控えるなどの大切な役割もあるストール

 

結婚式が多い5月をはじめ、10月・11月といった秋から12月~2月頃の肌寒い時期こそ、ストールの結び方や素材を使い分け「最低限のマナー」を守りながらおしゃれを楽しみましょうね!

 

結婚式のおしゃれコーデ!20代~30代女性の黒や赤・グリーン・水色等のワンピース・ドレス編
結婚式のおしゃれコーデ!20代~30代女性の黒や赤・グリーン・水色等のワンピース・ドレス編 結婚式にお呼ばれしたら、「どんなコーデで行けばいいの?」と悩んでしまいますよね? せっかくなら、...…

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました