ウェディングドレスの種類の名前や生地の種類と体型による選び方!?

スポンサーリンク

ウェディングドレス種類名前生地種類体型による選び方!?

ウェディングドレスを選ぶ際に、重要なポイントとなるのは「生地」と「」の種類です。

 

同じ形のウェディングドレスでも、生地の種類が違うだけで印象は大きく変わります。

また、自分の体型のあったウェディングドレスの種類を選ぶことで、新婦さん自身の魅力をより一層引き出すことが可能なんですよ。

 

ウェディングドレスの生地や形の種類は、有名どころであれば多くの女性がご存知でしょう。

しかし、まだまだ、あなたの知らないウェディングドレスの生地や形の種類があるのです…!

 

この記事では、ウェディングドレスの生地の種類や形の名前をご紹介します。

更に、体型ごとにおすすめのウェディングドレスの種類や、肩を華奢に見せられるデザインもレクチャーしちゃいますよ!

 

幸せいっぱいのウェディングドレスの種類選びにお役立て下さいね。

スポンサーリンク

これで完璧!ウェディングドレスの生地の種類と特徴は!?

ウェディングドレスにおける生地の種類の違いは、見た目に出るだけではありません。

ウェディングドレスの重さや、歩きやすさにも関わってくるのです。

 

ここではまず、ウェディングドレスの生地の種類と、その特徴をご紹介しましょう。

ウェディングドレスの生地の種類に関する基礎知識を身に着けておけば、選択時の迷いが減り、自信をもって選ぶことができるようになりますよ!

 

ウェディングドレス選びの基本!生地の種類と特徴を覚えておこう!

定番のウェディングドレスの、生地の種類とその特徴をまとめました。

お好みのウェディングドレスの生地の種類を見つけて下さいね。

ウェディング ドレス 生地 種類

シルク

蚕の繭から取れる天然素材で、日本では大変有名な生地です。

天然素材な為、肌の強くない新婦さんでも安心出来るでしょう。

 

「美しい光沢」と「滑らかな手触り」「軽さ」…どれをとっても、ウェディングドレスの生地の種類としては最高峰

 

ただし、値段が、他の種類の生地のウェディングドレスより高いことや、シワになりやすいことなどデメリットもあります。

 

サテン

柔らかな光沢があり、艶が美しいのがサテン。

ウェディングドレスの生地の種類としては定番ともいえます。

新婦さんが動く度に綺麗にウェディングドレスが揺れ、高級感と大人っぽさを感じさせるでしょう。

 

見た目はシルクと似ていますが、サテンの方が低コストです。

 

オーガンジー

透け感のある薄い生地で、私服のスカートにも使われる、女性に人気があるのがオーガンジー。

オーガンジーを重ねることで、ボリュームを出し、可愛らしいシルエットのウェディングドレスを作ることが出来ます。

 

品のある透け感と軽やかな印象は、オーガンジー特有のものです。

 

チュール

チュールは、網目模様の織り方をしたメッシュ素材のことです。

 

何重になっても重苦しい印象がなく、ふんわりとした華やかさを出せる為、ウェディングドレスの生地の種類として根強い人気があります。

 

オーガンジーによく似ていますが、チュールはボリュームが出しやすい分、やや手触りは硬めです。

 

レース

女性らしい品を出すのに最適なのが、レース生地のウェディングドレスです。

 

ウェディングドレスの生地の種類の中では、一番優雅な印象を与えるでしょう。

レースの模様によって、ウェディングドレスを可愛らしく見せたり、逆に大人っぽく見せたりと、デザインの幅が広いのも特徴。

 

ジョーゼット

ジョーゼットは、ちりめん織物の一種です。

表面がでこぼこした質感を持っており、ウェディングドレスの生地の種類としては、やや硬めだと感じる方も少なからずいます。

 

体によくフィットし綺麗なひだが出来る為、最近では、ドレープ生地のウェディングドレスが多く製作されるようになりました。

 

タフタ

艶と張りがあり、自然なシワを演出できる素材がタフタです。

 

他の種類の生地に比べて あまり聞きなれない方も多いでしょうが、飾り気のないナチュラルなウェディングスタイルを好む新婦さんからは熱い支持を受けているんですよ。

 

タフタ生地のウェディングドレスは、シンプルな物が多くガーデンウェディングに最適です。

 

手作りウェディングドレスにおすすめな生地の種類はズバリ…!?

ウェディングドレスを手作りしようとしているあなた!

こんなにたくさんのウェディングドレスの生地の種類があったら迷ってしまいますよね。

 

ウェディングドレスを手作りするときにおすすめする生地は、「サテン」「オーガンジー」です。

 

ポイントは、手に入りやすいかどうか

 

これらのウェディングドレスの生地は、他の種類と比較してコスト面、入手しやすさが群を抜いています。

また、生地自体も柔らかいので、縫うときに力が要りません。

 

手作りのウェディングドレスを考えているのであれば、サテンオーガンジーの生地を検討してみて下さいね!

スポンサーリンク

ウェディングドレスの種類!あの形の名前は何?人気のものをご紹介!

ウェディングドレスには様々な種類の形がありますが、それら全てに名前が付いています。

ウェディングドレス選びの際に、初めから形の名前が分かっていれば、自分の好みの物が探しやすいですよね。

 

ここでは、ウェディングドレスの形の名前と、種類ごとの特徴をご紹介します。

また、あなたが気になるであろう、人気のウェディングドレスの種類とその名前もご案内していきますね!

ウェディングドレスの形に関する基礎知識を、ここで入手しちゃいましょう。

 

ウェディングドレスは種類ごとに名前が決まっている!?特徴も知りたい!

ウェディングドレスの種類の名前として、「Aライン」「プリンセスライン」「マーメイドライン」「エンパイアライン」「スレンダーライン」「ベルライン」が挙げられます。

 

他にも、これらのウェディングドレスの丈を短くしたミニタイプや、上下を分けたセパレートタイプがありますが主流になるのは上記の6つです。

 

これらのウェディングドレスの種類の名前と、その特徴・おすすめポイントを一覧にまとめました。

 

<ウェディングドレスの種類の名前と特徴・おすすめポイント一覧>

ウェディングドレスの種類の名前特徴おすすめポイント
Aライン上半身部分が小さく、裾がなだらかに広がった「A」の形のシルエットどんな体型の方にも似合う
プリンセスライン童話のお姫様のようなシルエット、裾にボリュームがある種類が豊富、パニエのボリューム次第で印象が変わる
マーメイドライン膝下から裾が人魚の尾鰭のように広がる、体にフィットしたスレンダーなシルエット女性らしい色気がある
エンパイアライン胸下に切り替えがあり、ハイウエストなシルエット妊婦さんに最適、体型カバーができる
スレンダーラインボディラインがくっきり出る、スレンダーなシルエット華奢な印象、大人っぽさが出る
ベルラインウエスト部分が締まっており、腰から裾が丸く広がったシルエット足が長く見える、華やかで上品

 

ウェディングドレスの形の種類に関しての違いは深まってきましたでしょうか?

ウェディングドレスの人気の種類の名前を発表!

これだけたくさんの種類のウェディングドレスがあると、気になってしまうのが“人気”ですよね。

 

日本人女性が好むウェディングドレスの人気の種類の名前は、なんと「Aライン」と「プリンセスライン」!

足を長く見せたり、腰を細く見せたり…スタイルを良く見せてくれることから、この2種類のウェディングドレスが人気を博しているんです。

 

その分、デザインも豊富で、選ぶ楽しみがありますよね。

 

ウェディングドレスの定番とも言えるこれら2種類のタイプは、日本人女性のスタイルに合わせて作られているという説もあるくらいで、あなたの体にもよくフィットすることでしょう。

スポンサーリンク

体型ごとのウェディングドレスの種類のおすすめ!肩を華奢に見せるデザインって?

ウェディングドレスの種類を選ぶ際に気になるのが、そのもの自体は素敵でも、着用した際に自分の体型に合っているかどうかですよね。

 

好みのウェディングドレスの種類と、自分の体型がマッチしているとも限りませんし、体のラインにコンプレックスを持っている新婦さんも…。

そこで、ここでは体型ごとに適したウェディングドレスの種類をご紹介していきますね。

自分の体型に合ったウェディングドレスの種類を選び、コンプレックスをあなただけの魅力に変えちゃいましょう。

 

また、ウェディングドレスを着た際に、多くの女性が悩むのは、肩を華奢に見せられるかどうか!

数ある種類のウェディングドレスの中でも、肩を華奢に見せる選び方のポイントもレクチャーしていきますよ。

 

あなたの体型に合うウェディングドレスの種類はこれだ!

体型ごとにおすすめするウェディングドレスの種類をここから紹介していきますね。

 

あくまでおすすめというだけで、「絶対にこのドレスでなければ似合わない」という事ではありませんので気軽に参考になさって下さいね。

 

高身長×細身のスタイルにおすすめのウェディングドレスの種類

●「マーメイドライン」「スレンダーライン」

身長が高く、細身のあなたは、数あるウェディングドレスの種類の中でも着こなすのが難しい、「マーメイドライン」と「スレンダーライン」をばっちり着こなせるでしょう。

体全体が骨ばって見えないか気になるのであれば、大きめのアクセサリーを選んだり、ボリュームのある髪型にすることで、お悩みは解決できます。

まるで、モデルのような着こなしに、ゲストも思わず息を飲むこと間違いなしですよ!

 

高身長×ふくよかなスタイルにおすすめの種類のウェディングドレス

●「エンパイアライン」「Aライン」

「エンパイアライン」は、縦長にスラリと見せてくれるウェディングドレスの種類です。

「Aライン」のウェディングドレスも上半身が締まって見えるので、ふくよかな体型をカバー出来ますよ。

体のラインをあまり出したくないのであれば、これらの種類のウェディングドレスがおすすめです。

 

低身長×細身のスタイルなら、このウェディングドレスの種類がおすすめ

●「ベルライン」「プリンセスライン」

「ベルライン」「プリンセスライン」といった、これらの種類のウェディングドレスは、裾にボリュームがある為、低身長でも可愛く着こなすことが出来ます。

守ってあげたくなるようなシルエットが作れ、可愛さが引き立つこと必至。

もし、可愛いデザインが苦手な方は、シンプルな物を選びましょう。

 

低身長×ふくよかなスタイルでもおすすめのウェディングドレスの種類

●「プリンセスライン」「Aライン」

足を長く見せることができる「プリンセスライン」「Aライン」のウェディングドレスは、低身長な方の悩みを解決してくれるでしょう。

二の腕がコンプレックスな方も多いでしょうが、隠すのではなく、むしろ、出すデザインを選ぶことで女性らしい丸みや柔らかさを演出していくのがおすすめですよ。

 

肩を華奢に見せたい!ウェディングドレスのデザインの種類はどうやって選ぶの?

ウェディングドレスを着たときに気になるのが「肩幅」ですよね。

 

肩を華奢に見せたい、そんなあなたにおすすめするウェディングドレスのデザインの種類は、「ワンショルダー」と「アメリカンスリーブ

 

ワンショルダーは、その名の通り、片方の肩を覆い、もう片方は露出させたデザインを指します。

アシンメトリーな形になり、デザインに目が行くので、肩への印象が薄れることでしょう。

 

アメリカンスリーブは、首から脇下まで斜めにカットされたデザインで、肩を大きく露出しているのが特徴です。

「肩が気になるのに、あえてこんなに露出するデザインの種類のウェディングドレスでいいの!?」と驚かれたことでしょう。

 

むしろ、隠すより大きく露出をしたデザインの種類にした方が、ウェディングドレスを着たときに肩の幅が気になりません

 

二の腕あたりに丸い袖がある「パフスリーブ」や、二の腕を覆い隠す「オフショルダー」といった種類のデザインのウェディングドレスは、肩幅を広く見せるので要注意ですよ~

 

肩を華奢に見せるウェディングドレスの種類のポイントは、隠すより思い切って出すことです!

 

ウェディングドレスの生地や形の種類はたくさんありますし、体型によって似合わないものもあるので悩んでしまいますよね。

このページが、ウェディングドレスに悩むあなたのお役に立てますように!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました