ウェディングベールの選び方「ロングorショート」「通販orレンタル」

スポンサーリンク

ウェディングベール選び方ロングorショート」「通販orレンタル

結婚式を挙げる会場が決まり、いよいよ、プレ花嫁が一番ワクワクするウェディングドレス選びへと向かいます!

 

ショップにずらりと並んだ素敵なドレスの中から、あれにしようかこれにしよかと悩みに悩み、何度も試着して決めたお気に入りのウェディングドレス。

 

けれども、花嫁に必要なのはウェディングドレスだけではありません。

選んだドレスと、結婚式を行う会場に合ったウェディングベールも花嫁の装いとして欠かせないものとなります!

 

今回は、そのウエディングベール選び方を詳しくご案内していきますね。

スポンサーリンク

ウェディングベールの選び方!人気はロングそれともショート?

今、どのようなウェディングベールが人気で、どのくらいの長さの、どのような種類にしたら良いのかの選び方をご紹介していきましょう。

 

ウェディングベールの長さの選び方は!?人気の丈はロングかショートか?

ウェディングベールの長さは、ウェディングドレスのトレーン(裾の長い部分)のデザインや、チャペルやレストランなど会場のシチュエーションに合うような選び方がおすすめです。

 

例えば、ウェディングドレスがロングトレーンで、トレーンの裾の方にはキラキラのスパンコールや凝った刺繍をたくさん施している場合に人気の、ウェディングベールの選び方はどうしたら良いのでしょうか。

ロング丈のウェディングベールの長さは、ドレスのトレーンより少し長めのことが多いのですが、ドレスと同じように裾にたくさんのキラキラがあると互いの良さを引き立てることが出来ません。

 

そうとはいえ、長さがロング丈のウェディングベールはずっと憧れていたし、ドレスのトレーンのキラキラデザインも気に入ってるという時の選び方としてはどうしたら良いでしょうか。

 

ベストな選び方としては、シンプルなロングのウェディングベールをおすすめします!

 

ウェディングベールの透け感の向こうに、ウェディングドレスのキラキラビジューやスパンコールが見えるのも品良く綺麗で人気の選び方ですね。

 

逆に、ドレスがシンプルなデザインなら、ウェディングベールはロングでキラキラ装飾がたくさん付いたタイプが映えます。

 

また、長さがロング丈のウェディングベールは、チャペルの祭壇まで階段があって、新郎新婦がゲストよりも高い位置で挙式セレモニーを行う場合にぴったりで人気です!

 

階段に広がったロングのウェディングベールはとても優雅で美しく、ゲストにも印象深く心に留まることでしょう。

 

長さがショート丈のウェディングベールは、ロング丈と比べると可愛らしくカジュアルな雰囲気で人気です。

チャペルでの荘厳な挙式よりはレストランやガーデンに良く合うので、カジュアルな結婚式を予定している花嫁にはショート丈のウェディングベールが人気でおすすめ!

 

長さがショート丈のウェディングベールの選び方としては、やはりウェディングドレスのデザインとの相性が大切です。

 

ショート丈のウェディングベールは、だいたい肩下くらいの長さになるので、縁にあまりたくさんの刺繍やキラキラビジューが付いていると、ドレスの飾りを邪魔してしまうので注意しましょう。

 

長さがロング丈のウェディングベールは種類も多く、また花嫁の憧れのひとつでもあるので一番人気です。

 

しかし、披露宴中はさすがにロング丈のウェディングベールだと座ったり歩いたりするのに不便ですよね。

 

もちろん、挙式後はウェディングベールを外すのが一般的ですが、二の腕を隠したい!と思っている花嫁もたくさんいます。

 

そんな時は、長さがショート丈のウェディングベールに変えて二の腕を隠して披露宴入場!というのもおすすめで人気のアイテムですよ。

 

ウエディングベールの選び方?やっぱり主役だからキラキラしたい!

ウエディングベールのデザインは、縁にレース刺繍をあしらったものや、全体にキラキラのビジューが付いているもの、パールを散らしたものなど様々あります。

キラキラしたい花嫁のウエディングベールの選び方はどうしたら良いのでしょう。

 

たくさんのウエディングベールの中でも、キラキラビジューやスパンコールがたくさん付いたデザインはとても人気です。

 

チャペルのステンドグラスから差し込む柔らかい日差しで、キラキラと輝くロングのウエディングベールはとても豪華で圧巻!

 

そうとはいえ、ウェディングドレスのデザインとの相性を考えたウエディングベールの選び方から考えると、あまりキラキラしていないタイプの方が良いかも…。

 

そんな時のウエディングベールの選び方は…まずシンプルなデザインにしておきましょう。

 

そして、ヘッドアクセサリーの選び方によって、ベールの周りにキラキラをあしらうのもおすすめです。

昨年から大人気の「小枝」タイプのシルバーヘッドアクセサリーなどを、ウエディングベールを留めたポイントに着けると、挙式中のバックショットがキラキラして素敵ですよ。

 

ウエディングベールの選び方には、ヘッドアクセサリーも関係するので上手く組合わせてみて下さい。

アイテムの選び方次第で、きっと素敵なキラキラ花嫁になること間違いなしです!

 

また、ウエディングベールの選び方としては、キラキラのビジューやスパンコールがたくさんあしらわれたものはとても重くなることも知っていて下さいね。

 

バージンロードの絨毯を歩いていると、ロング丈のウエディングベールの場合はシンプルデザインでも摩擦で思った以上に重たく感じて、後ろに引っ張られるような状態になります。

 

キラキラのビジューやスパンコールがたくさん付いているウエディングベールは更に重たく感じるので、身軽に歩きたい花嫁は選び方のひとつの目安にして下さいね。

 

スポンサーリンク

ウェディングベールは通販で購入・レンタルのどれがおすすめ?人気のブランドもご紹介!

ウェディングベールショップや通販で購入した方が良いか、レンタルが良いか、はたまた手作りか…それはウェディングドレスや結婚式を行う会場の選び方でも異なります。

 

どんな時には通販で購入した方が良いか、またレンタルや手作りにした方が良いのかの選び方を紹介しましょう。

 

ウェディングベールって通販やショップで購入する?レンタルがお得?

ホテルや結婚式場、また結婚式によく使われるレストランなどでは提携しているドレスショップがあります。

 

ホテル・結婚式場では、結婚式プランの中に提携先のレンタルドレスのスタンダードラインが含まれていることが一般的でしょう。

 

レンタルドレスショップでは、ウェディングベールやアクセサリー類がウェディングドレスの料金に含まれていることもありますし、別料金の場合もあります。

別料金を支払っても十分に満足なウェディングベールであれば、ドレスと一緒にレンタルするのが通常ですが、気に入るものがないとなれば通販での購入も検討することになりますね。

 

また、海外挙式やリゾートウェディング、国内であっても挙式と披露宴が別日だからという事情で、ウェディングドレスをレンタルせずに、ショップや通販で購入するという花嫁もいます。

 

ウェディングドレスを通販などで購入するのであれば、必然的にウェディングベールやアクセサリー類も自分で買わなくてはいけません。

 

最近は、メルカリ等の通販で、卒花(既に結婚式を挙げて花嫁を卒業した人)が出品している、中古のウェディングベールをお得に購入して使用する花嫁もよく見かけます。

 

ウェディングドレスの中古品は、卒花とのサイズが似ていることが前提になりますが、ウェディングベールなら通販での購入でも問題ありませんね。

 

ブランド品で高価なウェディングベールが、中古の通販なら半額以下で購入できる場合もありますよ。

 

また、レンタルドレスショップにおけるウェディングベールやアクセサリー類の価格は様々です。

 

ウェディングドレスをレンタルしたら無料でウェディングベール等の小物一式どれでも選び放題!という素晴らしいショップもありますが、大抵は別料金の設定になっていることが多いので確認しましょう。

 

結婚式会場の提携ドレスショップ以外でウェディングドレスやウェディングベールをレンタルして持ち込もうという場合は、持込料や小物一式の料金体系などもしっかり把握して選んで下さいね。

 

このように、まずはメインのウェディングドレスをどこで用意するかによって、ウェディングベールはショップや通販で購入か、レンタルかということを検討することになります。

 

人気のウェディングベールのおすすめブランドは?

ショップや通販での購入、レンタルで人気のウェディングベールのおすすめブランドを紹介します!

 

NY発!ウェディングファッションの最高峰と自ら謳う、セレブリティにも人気の「Vera Wang(ヴェラウォン)」がおすすめのブランドです。

今やプレ花嫁の憧れの超人気のおすすめブランドと言っても良いでしょう。

 

上品でありながら個性も大切にしたウェディングドレスに合うような、質感やディテールにこだわったウェディングベールを取り揃えていて大人気です。

 

ボリュームたっぷりのバルーンベール人気のきっかけは、このVera Wang(ヴェラウォン)でしょう。

 

Vera Wang(ヴェラウォン)のウェディングベールは、通販で購入を検討するならBUYMAやラクマ(新古品・中古品)などでも取扱っていて大変人気です。

 

購入の場合は、ごくごくシンプルなウェディングベールでも18,000円以上ですから、さすが大人気のおすすめブランドですね。

 

レンタルドレスショップで、Vera Wang(ヴェラウォン)のドレスをレンタルしたお客様には、ウェディングベールを含む小物類を無料サービスしているところもあります。

 

今、再注目されている大人気のウェディングベールのおすすめブランドといえば、あの老舗の「Hatsuko Endo

ウェディングベールは、同ブランドのウェディングドレスのレンタルと同時の購入でも20,000円以上の商品が並びます。

 

高価ですが、ウェディングベールの素材のしなやかさと細やかなディテールを知ったら、Hatsuko Endoが再人気になっていておすすめブランドという意味がお分かり頂けるでしょう。

 

セレクトショップのようなレンタルドレス店や提携のホテルでは、Hatsuko Endoのドレスと共にウェディングベールも取り扱っています。

レンタルのプラン内にウェディングベールが含まれている場合もありますが、自分が気に入ったものを!となれば差額のレンタル料金がかかる可能性がありますのでご注意下さい。

 

ウェディングベールを安価な価格帯で購入しやすく、おすすめブランドなのは「Annie Bridal (エニーブライダル)」!

ショート丈のウェディングベールなら10,000円以下で購入可能です。

 

ウェディングドレスはサイズオーダーでのセルドレス(買取ドレス)のみの為、ウェディングベールについてもレンタルの取り扱いはありません。

 

それでも、レンタル料金よりお手頃価格のウェディングベールも数多く、人気のおすすめブランドです。

 

結婚式に絶対欠かせないウェディングベールの選び方やおすすめブランドなどについて紹介しましたが、参考になりましたか?

 

いざ選ぼうと思ったら意外と悩んでしまうアイテムがウェディングベールなので、ぜひドレスや会場との相性はどうかなという事を選び方の基準のひとつにしてみて下さい!

 

素敵なウェディングベールに出会えますように。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました