当サイトでは「ウェディングプランナー・各専門家」や「葬儀・不動産・人事などの熟練の実務者」が分かりやすく徹底解説!

マイホームに後悔!失敗した持ち家は賃貸か売却かリフォームすべきか?

マイホームに後悔!失敗した持ち家は賃貸か売却かリフォームすべきか?

せっかく戸建ての持ち家やマンションを、ひたすら働いたお金でようやく購入したにもかかわらず、夢のマイホーム(新居)に対して失敗してしまったと後悔してしませんか?

 

戸建ての持ち家やマンションといったマイホーム購入の失敗により「後悔しかない!」と、鬱(うつ)になってしまっている人までいるんですよ。

 

あなたも戸建ての持ち家やマンションといった新居を購入したにもかかわらず、「ただ、妥協して、そのマイホームに住み続けている状態」であったり、失敗してしまったと後悔だらけで胸が張り裂けそうで、住宅を「リフォーム」「売却(売りたい)」「引っ越したい」と思われているのかもしれませんね!

 

 

しかし、いくらマイホームに失敗したからといって、住宅の必要な調査・比較や手順を踏まずに、大きな資産である戸建ての持ち家やマンションをやみくもに売ることになってしまうと、さらに後悔だらけとなってしまうことでしょう。

 

そこで、こちらでは「失敗」や「ローン」などで、どうしてもマイホームを何とかしなければならなくなった際の、戸建てやマンションの後悔しない対処法や、「リフォーム会社の選び方や探し方」「持ち家を賃貸することになったときのメリットとデメリット」「住宅を売ることになった場合の手順や売却方法」などをお伝えしていきますね!

 

  1. 後悔だらけのマイホームの解決策は!失敗した一戸建ての持ち家やマンションなどの住宅は「住み続ける(リフォーム)」「売却」「貸す」べき?
    1. 失敗だと後悔だらけのマイホーム(一戸建ての持ち家・マンション)の5つの選択と4つの解決策!
    2. マイホーム(住宅)購入に失敗して後悔だらけでも 妥協してその持ち家に住み続ける場合のリスク!
    3. 【持ち家の後悔の解決策①】新居 マイホームの失敗部分を打開するためのリフォームやリノベーション!
  2. 良心的なリフォーム会社(業者)探し方と選び方!後悔や失敗のないマイホーム・住宅(一戸建ての持ち家&マンション)の改修とお金を抑えて見積もりをとる方法!
    1. リフォーム会社(業者)の選び方とマイホームの失敗による住宅改修のお金を抑えて 戸建ての持ち家やマンションの後悔をスッキリ解消する方法!
    2. 【良心的なリフォーム会社(業者)の探し方】マイホーム 新居の失敗や住宅の後悔を的確に安く解消するための「無料一括見積もりサイト」!
  3. 持ち家・マイホーム「売却(売る)」か「賃貸」かどっちがいいの?失敗や損して後悔している戸建てやマンションを貸すメリット・デメリット!
    1. 入手に失敗・後悔している戸建ての持ち家やマンションといったマイホーム・住宅を賃貸(貸す)ことによる家賃収入などのメリット
    2. 持ち家(マイホーム)を売るより 住宅を貸す[賃貸にする]場合やローンのデメリット
    3. 失敗や後悔している住宅(一軒家の持ち家・マンション)の売却[売る]とマイホームの賃貸[貸す]どっちがいいの?
  4. 家のリースバックの仕組みとデメリットやメリットってどうなの?
    1. 持ち家のリースバックの仕組み!住宅ローンがあっても大丈夫?
    2. 家をリースバックするするメリット!
    3. 家をリースバックするデメリットって何!?
  5. 失敗した持ち家(マイホーム)を賢く「売却(売ること)」して後悔とおさらば|次の新居である戸建てやマンションなどの住宅を購入or賃貸するまでの手順!
    1. 失敗したマイホーム(戸建ての持ち家やマンション)を売るのと 次の新居に妥協して後悔しないための住宅の売却手順と流れ!
    2. 持ち家の売却と次のマイホーム取得に後悔しないための「住宅ローンの残債」「相場」や「手順・流れ」といった事前に確認すべきこと!
  6. 持ち家を売る際に後悔や失敗のない不動産会社の選び方|正しい住宅相場やマイホームの売却価格(費用)を把握するための方法!
    1. 持ち家(マイホーム)を売るのに失敗や後悔しないためには不動産会社選びは重要!
    2. マイホーム失敗や損して後悔せずに住宅(持ち家)を売るための不動産会社の選び方!
  7. マイホーム(戸建ての持ち家・マンション)の売却に強い不動産会社を見つけるのにおすすめの「一括査定サイト」!
    1. 持ち家(マイホーム)を売るために信頼できておすすめの不動産一括査定サイト「イエウール」
    2. 他にも不動産売却一括査定サイトを利用するなら「リビンマッチ」や「イエイ」もおすすめ!
    3. 一括査定サイトで納得いく不動産会社が見つかった場合の持ち家・マイホーム売却の契約の選び方!

後悔だらけのマイホームの解決策は!失敗した一戸建ての持ち家やマンションなどの住宅は「住み続ける(リフォーム)」「売却」「貸す」べき?

失敗だと後悔だらけのマイホーム(一戸建ての持ち家・マンション)の5つの選択と4つの解決策!

失敗してしまった一戸建ての持ち家や、後悔だらけのマンションなどのマイホームは、もう妥協して諦めるしかないのでしょうか?

 

ここから、失敗だと後悔だらけのマイホーム(一戸建ての持ち家・マンション)の5つの選択と4つの解決策をお伝えしていきましょう。

 

 

【失敗により後悔しかない夢のマイホーム(戸建ての持ち家・マンション)の選択と とりうる解決策】

①マイホーム(戸建ての持ち家・マンション)の購入に失敗して後悔だらけであっても、その住宅に妥協して住み続ける

②マイホームの失敗部分をリフォームやリノベーションして、後悔だらけの住宅の不満をきっちり解消する。

マイホームを貸して、家賃を得ながら、別の一軒家の持ち家や新築・中古のマンションといった住宅へ引っ越しする。

④後悔しかない理由が、住宅ローンの支払いが苦しいということであれば、リースバックを利用する。

 

⇒「リースバック」とは、持ち家の売却により現金を手に入れた上、「賃料を払い」その元マイホームに住み続けるリース契約です。

 

将来、その住宅を買い戻すこともできますよ。

⑤思い切ってマイホームを売却

 

⇒ そのあと、失敗や後悔のないように「新居を建築」するか「新築の住宅を購入」「中古のマンションや戸建てを買う」か「持ち家を売って賃貸に住む」からチョイス!

 

夢のマイホームに失敗したと思っていたり 後悔だらけだと感じていても、多くの人が ①のように、その住宅に妥協して住み続けているのではないでしょうか?

 

しかし、それでは単に心がすり減らされているだけで、マイホームの失敗や後悔に対して何の解決策にもなっていませんよね。

 

それでは、このまま後悔しかないと苛まれているマイホームに妥協して住み続けた場合のリスクと、②~⑤のどれがどんなパターンにおいて良いのかと、失敗しないための対策を具体的にお話ししていきましょう!

 

マイホーム(住宅)購入に失敗して後悔だらけでも 妥協してその持ち家に住み続ける場合のリスク!

新居の取得に失敗して後悔だらけだったとしても、これ以上、もうお金がないといったことで妥協して そのマイホームに住み続けていらっしゃる状態なのかもしれません!

 

しかし、失敗の度合いや理由にもよりますが、住宅に後悔だらけのまま、マイホーム(新居)に妥協して住み続けた場合には、ストレスによりご自身や家族に鬱(うつ)などの様々な症状があらわれることがよく見受けられます。

 

 

【マイホーム購入に失敗して後悔だらけのまま、妥協して持ち家に住み続けたストレス症状の一例】

●「気分の落ち込み」や「意欲低下

●「神経過敏」「怒りやすくなる」

●「倦怠感」「頭痛」「めまい

 

新居であるマイホームの失敗による後悔で、自分や家族がこのような鬱(うつ)状態に陥るほどのストレスを感じているなら、お金の問題でどうしようもないとは言ってられず、別の打開策や乗り越え方を見出さなくてはなりません。

 

また、家族やご自身が鬱(うつ)になってからでは、もはや手遅れの状況なので、そうなる前に手を打っておく必要があります。

 

新居の失敗で後悔だらけである状況を放っておくと、幸せのために購入した夢のマイホームのはずなのに「夫婦生活や家族崩壊の引き金となってしまった…」なんていうことにもなりかねないからです。

 

 

あなたがそんな鬱(うつ)や離婚・家族崩壊といった危機に陥らないように、マイホーム(新居)の失敗や後悔の乗り越え方と解決策をここからご案内していきますね。

 

【持ち家の後悔の解決策①】新居 マイホームの失敗部分を打開するためのリフォームやリノベーション!

マイホーム(新居)の失敗の理由はたくさんあるので、全ての戸建ての持ち家やマンションの後悔に対しては対応できないものの、次のような問題であれば、住宅を「リフォーム」や「リノベーション」することでスッキリ解決することが可能です。

 

【一軒家の持ち家やマンションのリフォームやリノベーション・増築により新居 マイホームの失敗や後悔を解決できる住宅問題】

マイホーム(戸建て・マンション)の「壁紙などの内装」「風呂・キッチン・トイレ・洗面所といった設備」「窓」「収納」や「防犯プライバシー」「寒さ」「外観」「屋上」「庭」などの不満や失敗

「狭い」「和室・畳」「リビング」「吹き抜け」「ロフト」といった住宅の間取りの失敗による後悔

騒音による新居の住まい環境の問題

新築のマイホームを手に入れたのに、一軒家の持ち家やマンションが欠陥だらけの住宅だったといった工務店やハウスメーカー選びの失敗・後悔

 

こちらは新居の失敗の原因として ランキング上位にランクインするものばかりですが、あなたのマイホームへの後悔がこれらの問題であれば、マンションや戸建ての内装・間取りや、一軒家の持ち家なら外壁・屋上のリフォームや外構(建物本体を除く家の外側)工事をすることで、これまでの住宅への憂鬱感が嘘だったかのように解消することができますよ!

 

 

さらに、新築のマイホームが欠陥住宅だった場合には、「宅建業法」により2年間、「品確法」により基本構造部分に関しては10年間、瑕疵を見つけたら、売主である不動産会社に「損害賠償」「契約解除」や「修理や補修の請求(品確法のみ)」が可能なんです。

 

欠陥住宅でない場合は、新居を購入したばかりならマイホームのリフォームや工事にかけるお金は少しでも抑えたいところでしょうし、安いだけでなく持ち家の失敗や後悔をしっかりと解決できるような良い提案やプランを受けたいものですよね。

 

良心的なリフォーム会社(業者)探し方と選び方!後悔や失敗のないマイホーム・住宅(一戸建ての持ち家&マンション)の改修とお金を抑えて見積もりをとる方法!

リフォーム会社(業者)の選び方とマイホームの失敗による住宅改修のお金を抑えて 戸建ての持ち家やマンションの後悔をスッキリ解消する方法!

近所の工務店やリフォーム会社(業者)でマイホームの改修をお願いするのも悪くありませんが、お金を抑えて、さらに、住宅の失敗による後悔をきっちりと解消するために、それらに役立つおすすめの方法をご案内していきましょう。

 

【マイホームの失敗をリフォームやリノベーションで解消!お金を抑えて後悔なく見積もりをとる方法】

「断熱」「耐震・耐久性」「省エネ」「発電(ゼロエネルギー)」「バリアフリー」などといったマイホームのリフォームの場合、国や地方自治体から補助金がでるものも!

「寒さ」や「耐震・耐久に関する欠陥住宅」「騒音」「防犯・プライバシー」などのマイホームの失敗や後悔の場合には、高性能な外壁・断熱材や窓に住宅を改修することで、補助金によりお金を抑えつつ戸建ての持ち家のリフォームを実施することが可能となってきます。

 

無料 リフォーム一括見積もりサービスで、多くの業者からマイホームの失敗・後悔を解決できる住宅改修プランや費用を比較して、ベストな提案を検討!

1つのリフォーム会社からの見積もりだけでは、「相場がどんなものなのか」「その業者の価格が安いのか」「マイホーム(戸建ての持ち家&マンション)の失敗・後悔部分の改修にどんな手法が良いのか」など把握することはできません。

 

そのため、マイホームの失敗や後悔に適した見積もりを複数のリフォーム会社から取ればとるほど、相場や最適な住宅改修方法などが把握できますし、業者間の競争原理が働いて安い価格の提案を手に入れられる可能性が広がりますよ。

 

そういったことから、マイホーム(新居)の改修を決断したなら、ぜひ「無料リフォーム一括見積もりサービス」を利用してみましょう。

 

【良心的なリフォーム会社(業者)の探し方】マイホーム 新居の失敗や住宅の後悔を的確に安く解消するための「無料一括見積もりサイト」!

そこで、マイホーム(新居)の失敗や住宅の後悔を きっちりと出来るだけ安く解消するために、リフォーム会社(業者)の効率的な探し方である「一括見積もりサービス」をご案内しますね。

 

「リフォーム一括見積もりサービス」を利用すると、マイホームの悩みや失敗・後悔している部分をどのように直すのが良いのかの計画やプランと、どれくらいの費用がかかるのかといったことを教えてもらうことができます。

 

まずは、「リフォーム一括見積もりサービス」から、

リフォームやリノベーションであなたのマイホームの失敗や後悔を解決できるのか?

リフォームで解決可能なら、失敗や後悔を解決できる改修方法はどのようなプランなのか?

リフォームの費用はどれくらいかかるのか?

を確認してみて下さいね!

 

 

おすすめできない一括サービスもある中、こちらでは、戸建ての持ち家やマンションの改修において、良心的な「無料 リフォーム一括見積もりサイト」をご紹介していきましょう。

 

一括サイトを利用して、リフォーム会社から「改修プラン」や「見積もり」をもらったり、「紹介してもらった業者に質問」するのは無料ですので気軽に利用できますよ!

 

 

【良心的なリフォーム会社(業者)の探し方!おすすめ無料 一括見積もりサービス

タウンライフリフォーム

無料一括見積もりサービスの「タウンライフ」では、費用の提案だけでなく、リフォーム会社(業者)からマイホーム(一軒家の持ち家・マンション)の改修のアイデアやプランもゼロ円でもらうことができます。

 

単に価格だけ安くても、マイホーム(新居)の失敗や後悔がリフォームによって ぜんぜん解消されないのであれば意味がありませんものね!

 

タウンライフで良いリフォーム会社に巡り合えれば、あなたの思いつかなかったような方法で、新居 マイホームの失敗や後悔部分の改修アイデアやプランを業者から提案してもらえるかもしれませんよ。

 

こちらから「タウンライフリフォーム」へ移動できます。

 

この業界は残念ながら、まだまだ悪徳リフォーム会社が多くいる状態ですが、タウンライフは専門的な審査基準により、そういった悪い業者を事前に排除してくれています。

 

また、紹介してもらったリフォーム会社(業者)とトラブルが万一あった場合でも、タウンライフ自体に電話で問い合わせができるフリーダイヤルがあるので、いざという時にも安心ですよね。

タウンライフリフォームの問い合わせ電話番号:0120-940-203

 

無料一括見積もりサービスを用いたリフォーム会社(業者)の探し方として、タウンライフは、まず、最初に利用しておきたいサイトになります。

 

タウンライフリフォーム
「タウンライフリフォーム」マイホーム(戸建ての持ち家・マンション)の一括見積もりへ移動! …

 

 

リショップナビ

タウンライフは非常に信頼のできる一括見積もりサービスで、良心的なリフォーム会社を紹介してもらえるはずですが、その反面、審査基準の厳しさなどから加盟業者が少ないことがデメリットとしてあげられます。

 

また、タウンライフにはサイト内に契約しているリフォーム会社の評判や口コミが見れるページがないことから、それらの欠点を補うために、良心的な業者の探し方として もう一つ、一括見積もりサービス「リショップナビ」をご案内しておきましょう。

 

 

こちらの「リショップナビ」は、賃貸住宅情報の「スモッカ」や求人案内の「アルバイトEX」などを運営する「株式会社じげん(ZIGExN)」が手掛ける無料リフォーム一括見積もりサービスです。

 

リショップナビの加盟リフォーム会社は1,400社以上と、タウンライフの300社以上と比べて申し分のない提携業者数を持っています。

 

しかも、リショップナビはサイト内に、リフォームの「相場」「実際のケース」「戸建ての持ち家やマンションの改修に役立つ記事」などもあり、お金の心配やマイホームの失敗や住宅の後悔している点を改善するための良いアイデアを与えてくれることでしょう。

 

そのため、信頼や専門性の高い「タウンライフリフォーム」と共に、役立つ情報が豊富な「リショップナビ」も一緒に用いることで、あなたのマイホーム改修への知識や新しい住宅のイメージを膨らませてくれるはずです。

 

そして、複数の提案から最も良い内容や条件のリフォーム会社(業者)を選択することができるので、お金を抑えつつ、失敗や後悔のないマイホームの改修に繋がりますよ。

 

リショップナビ
「リショップナビ」マイホーム(戸建ての持ち家・マンション)のリフォーム一括見積もり!…

 

持ち家・マイホーム「売却(売る)」か「賃貸」かどっちがいいの?失敗や損して後悔している戸建てやマンションを貸すメリット・デメリット!

戸建ての持ち家やマンションといった住宅の入手に失敗や損して、後悔で引越しすることを決意した場合、マイホームを「売却(売る)」か「賃貸(貸す)」かどっちがいいのでしょうか?

 

入手に失敗・後悔している戸建ての持ち家やマンションといったマイホーム・住宅を賃貸(貸す)ことによる家賃収入などのメリット

最初に、戸建ての持ち家やマンションの入手に失敗・後悔して、マイホーム(住宅)の賃貸(貸すこと)によるメリットからご案内していきますね。

 

【入手に失敗・後悔している一軒家の持ち家やマンションといったマイホーム・住宅を賃貸(貸すこと)によるメリット

マイホームの後悔のストレスから解放されるのが一番のメリット

入手に失敗した住宅(一軒家の持ち家やマンションなど)を賃貸で他の人に貸して、しっかりと選び抜いた新居に引っ越すことができれば、マイホームの後悔が解消できますよね!

 

持ち家(マイホーム)を賃貸(貸すこと)で、家賃をゲットできるメリットも

この持ち家の賃貸による家賃をローンの返済や、次の新居の賃料に充当したりできるので、マイホームを手放すためのお金の負担が軽減できますよ。

 

マイホームの劣化を抑えることが可能

戸建ての持ち家やマンションであっても、住宅は人が住んでいないと、換気や掃除がされないことから、カビや水まわりの不具合、虫が入り込むなどの影響を受けてしまいます。

 

また、一軒家の持ち家では、人の目がなければ「住居侵入」や「ごみ・産廃の投棄」といった問題も起きかねませんが、マイホームを賃貸することにより それらの住宅のリスクを回避できるというメリットも!

 

万一、貸したマイホームに戻りたくなった場合に帰ってくることもOK

マイホームの後悔の理由が、戸建ての持ち家やマンションなどの住宅購入のあとに転勤が決まったなどの理由であれば、新居を売却するのでなく賃貸にしておけば、また 戻ってくることが可能ですよ。

 

持ち家(マイホーム)を売るより 住宅を貸す[賃貸にする]場合やローンのデメリット

【失敗や後悔しているマイホーム(一軒家の持ち家やマンション)を貸す[賃貸にする]場合や住宅のローンのデメリット

持ち家を賃貸にしている間にマイホームの価値が下がってしまうというデメリットが最も痛い!

都心などの人気エリアの持ち家であれば、売却価格が下がるのは緩やかですが、通常、住宅の築年数が古くなればなるほど価値は大きく下がり、マイホームを賃貸にしている間に一気に値打ちが下がってしまうと考えておいた方が良いでしょう。

 

 

持ち家を賃貸しようとしても入居者が決まらなければお金も入らず、マイホームが空き家となるリスクも大きなデメリットに

駅前などの立地の良い住宅であれば、賃貸の入居者は簡単に決まりますが、地方で立地もよくない持ち家の場合であれば、マイホームの借り手を見つけるのは容易なことではありません。

 

マイホームを貸した後も、住宅管理に労力費用がかかる

賃貸した後の持ち家を住宅管理会社に委託する場合、費用が掛かりますし、あなたがマイホームをメンテナンスする場合には、結構な手間がかかります。

 

また、賃貸したマイホームの修繕やクリーニング・リフォームに加え、持ち家である以上、税金の支払いなどの費用が引き続き必要となることを忘れてはいけません。

 

持ち家(マイホーム)を賃貸した家賃収入に対して、面倒な税金の支払い手続きをする必要がある。

会社員の場合、給料などの税金の支払いは企業がやってくれますが、持ち家の賃貸による家賃収入の確定申告は自分でやるか、税理士に有料で依頼する必要があります。

 

持ち家を賃貸して入居者が入っている間は、マイホームに帰ってきたくても住むことができない

転勤などでいつ戻ってこれるか分からないような場合、どのくらいの期間「持ち家」を賃貸にすればよいのかもわからず、急遽、会社から辞令が出てマイホームに戻れることになっても、契約期間前に入居者を追い出すこともできません。

 

マイホーム購入の残債が残っていて、一軒家の持ち家やマンションを他人に賃貸する(貸す)場合、原則として、利用していた住宅ローンは使えなくなる

金利の安い「住宅ローン」は持ち家に本人や家族が住むことが前提となっているため、通常、マイホームを「賃貸にする(貸す)」場合は利用できない規約になっています、

 

一軒家の持ち家やマンションといったマイホームを他人に賃貸する場合、原則として、事業用のローンに変更することになりますので、金利が上がってしまうことを考慮しなければなりません。

 

ただし、転勤の場合であれば、住宅ローンのまま 持ち家(マイホーム)を賃貸する(貸す)ことを承認してくれる銀行もあるので確認してみましょう。

 

失敗や後悔している住宅(一軒家の持ち家・マンション)の売却[売る]とマイホームの賃貸[貸す]どっちがいいの?

失敗や後悔している住宅を「空き家」にするのか、マイホームを「貸す」かの選択であれば、一軒家の持ち家であっても マンションであっても、断然、「賃貸」にして貸し出すことをおすすめします。

 

しかし、マイホームを「売る」か「貸す」かの選択となれば、これまでに見てきた一軒家の持ち家やマンションを貸す場合のメリットとデメリットからも分かる通り、住宅の売却に比べ賃貸にだすことの方が不利な場合が多いことが見えてきました。

 

マイホームを貸すことで生じる最も大きなデメリットは、住宅を賃貸している間に、持ち家の資産価値がどんどん下がっていってしまうことです。

 

木造の住宅であることの多い一戸建てや一軒家の持ち家の場合は、このマイホームの資産価値の賃貸中の下落が顕著になります。

 

 

ただし、マイホームの購入で失敗した理由が、新居取得後に転勤になってしまったものの、その住宅自体に対しての後悔はなく、持ち家にかなりの愛着があるケースにおいては「賃貸[貸す]」という選択肢もありでしょう。

 

また、マイホームが駅前や都会の立地の良い場所あるといったパターンであれば、空き家リスクも少ないことから、住宅価格の下落よりも、投資としての家賃収入額の方が上回ることもあり「賃貸[貸す]」という選択も検討に値しますよ。

 

【失敗や後悔を感じているマイホーム(持ち家)を売る[売却]よりも貸す[賃貸]方が良い場合】

新居取得後に転勤となった後悔はあるものの、住宅自体に対しての失敗はなくマイホーム(持ち家)への愛着がある

マイホームが駅前や都会の立地といった良い場所にある住宅である

 

住宅がこの条件に当てはまらない場合には、持ち家を「賃貸(貸す)」よりも「売却(売る)」の方がお得で面倒もないですし マイホームへの後悔も起こりにくいでしょう。

 

家のリースバックの仕組みとデメリットやメリットってどうなの?

さて、それでは、家のリースバックについてはについてはどうなのでしょうか?

 

マンションや一戸建ての持ち家をリースバックする仕組みとメリットやデメリットについて詳しく見ていくことにしましょう!

 

持ち家のリースバックの仕組み!住宅ローンがあっても大丈夫?

リースバックではマンションや一戸建てといった持ち家を売却して、まとまったお金を手に入れることができます。

 

しかも、売却した元マイホームに、家賃を払いながら、住み続けることができるというのがリースバックの仕組みです。

 

マイホーム自体に後悔はないけど、金銭的にどうしても厳しいといった場合には、大きな現金を手にすることができるリースバックはありがたい仕組みとなりますよね!

 

もちろん、住宅ローンの返済が厳しいといった際にもリースバックは利用できる仕組みとなっているんでご安心ください。

 

将来的にその家を買い戻したいといった要望もリースバックならかなえることもできますよ。

 

 

【持ち家の売却とリースバックの仕組み比較】

内容リースバックの仕組み通常の持ち家の売却
居住そのまま居住可能売却後は居住できない
転居不要必要
家の再購入再購入可能再購入は難しい
売却金受け取り方法振込で一括現金 もしくは 振込
買主リースバックの会社家を買う個人 もしくは 買取の場合は不動産会社
所有権(名義)リースバック会社(買取企業)買主
売却の金額売却より安くなるのが一般的
家賃の支払い必要次の新居次第(賃貸なら、新居の家賃が必要)
固定資産税の支払いなし次の新居次第(購入なら、新居の税が必要)
住宅ローン利用可

 

家をリースバックするするメリット!

手持ちの現金が手に入る

住宅ローンの支払いに困っても、一時的に凌ぐことができる。

リースバックにより持ち家を売却しても、そのまま元マイホームに住み続けることが可能

そのまま住めるので、引っ越し費用も必要なし

将来的にまた持ち家として、リースバック会社から買い戻すことも可能

「固定資産税」や、マンションの場合「管理費」や「修繕費」などの維持費が不要

 

家をリースバックするデメリットって何!?

リースバック会社に家賃を支払わなければならない

売った場合より、売却代金が安くなりがち

リースバックの「家賃」が近隣の相場よりも高くなってしまう

リースバック中の「家の名義」は自分のものでなくなる

 

失敗した持ち家(マイホーム)を賢く「売却(売ること)」して後悔とおさらば|次の新居である戸建てやマンションなどの住宅を購入or賃貸するまでの手順!

これまでにお伝えしてきましたように、持ち家の「賃貸(貸すこと)」は、家賃収入を得られたり、マイホームの劣化を防げるなど、新居を空き家にするのに比べると多くのメリットがありますが、転勤での後悔であったり、住宅の立地が良いといった状況を除いては、それ以上に多くのデメリットを抱えてしまうことになります。

 

一方、「リフォーム」は、マイホームの失敗の原因が内外装の改修や工事によって解決できるのであればおすすめですが、住宅の立地・土地・日当たりや通勤の問題・転勤族といったように後悔の内容によっては それで解消できるわけではありません。

 

リースバック」もマイホーム自体に不満や失敗による後悔があるのであれば、解決とはならないですよね!

 

そこで、持ち家の「賃貸(貸すこと)」によるデメリットの方が多い場合や、「リフォーム」「リースバック」では解消できない後悔や予算オーバー・見栄による失敗であるなら、戸建てやマンションのどちらであってもマイホームを「売却(売ること)」を検討した方が良いでしょう。

 

それでは、失敗で後悔しているマイホームを「売る」と決断したら、どういった流れで戸建ての持ち家やマンションなどの住宅の売却を進め、手順の中で何に気をつけなければならないのでしょうか?

 

失敗したマイホーム(戸建ての持ち家やマンション)を売るのと 次の新居に妥協して後悔しないための住宅の売却手順と流れ!

それでは、失敗した戸建ての持ち家やマンションといったマイホームを売却する(売る)と決断してから、新居を取得する過程において、妥協して後悔しないための手順と流れをご案内していきましょう!

 

【持ち家・住宅の売却スケジュールと新居を取得する手順と流れ】

ブルー:「マイホームを売る」手順

ピンク:「新居を取得」する流れ

住宅の失敗とマイホームの後悔している事項や原因の洗い出し

持ち家を売却するための事前準備と確認事項の整理

●原因を洗い出した今のマイホームの失敗や後悔を解消できる「次の新居探し
土地探し建築イメージを構想

●:「新築の戸建てかマンションを購入」か「中古のマイホームを買う」「持ち家を売って賃貸に住む」の場合

★:「一軒家の住宅を建築」する場合

できるだけ多くの不動産会社に持ち家売却の「査定」や「調査」をしてもらう

★新居建築の場合のみ:複数の工務店やハウスメーカーから、前回のマイホームの失敗や後悔を解消できる、たくさんの「建築プラン」と「見積もり」を提案してもらう

気に入った不動産会社と持ち家売却の「媒介契約」を結ぶ

次の新居で住宅ローンが組めるかを不動産会社経由で事前審査依頼

持ち家の売却価格や条件を決定し、広告などを出稿し、住宅購入希望者にマイホームを「内覧」をしてもらう

●次の新居の下見確定

購入希望者と持ち家の売却価格や条件が折り合えば、銀行や司法書士 &「あなた・購入者・不動産会社」の立ち合いの元「代金の受け取り+ローンの完済」や「売買契約」手続きをおこなう

●次の新居や仮住まいの住宅への「引っ越し
★新たなマイホームの「工事請負契約」⇒「建築プラン確定」⇒「着工

今の持ち家の「引き渡し

★新居建築の場合のみ:新しいマイホームの「竣工」⇒「引き渡し」⇒「引っ越し

持ち家を売却した翌年度に「確定申告」を実施

 

持ち家の売却スケジュールと住宅を取得する段取りの順序が入れ替わってくる場合がありますが、マイホームの失敗や後悔が起こりにくい流れとしてはこのような手順となります。

 

持ち家の売却と次のマイホーム取得に後悔しないための「住宅ローンの残債」「相場」や「手順・流れ」といった事前に確認すべきこと!

持ち家を売ると決めたなら、次の新居(マイホーム)取得では絶対に失敗や損などの後悔をしたくありませんよね。

 

そのために、失敗した戸建ての持ち家やマンションなどの住宅を売却する(売る)る際と、次の新居(マイホーム)を取得するのに、絶対、後悔しないために前もって確認しておくべき内容をご案内しましょう。

 

【失敗した持ち家(マイホーム)を売却する(売る)際や 次の新居・住宅の取得のために後悔しない事前の確認事項】

売却予定の失敗した持ち家(マイホーム)の住宅ローン残債と、手持ちのお金と捻出できる資金や貯金の確認

住宅ローン(残債)がある状態でマイホームを売るには、持ち家売却のタイミングで購入者から代金を受け取り、金融機関に返済すると同時に「抵当権」を抹消してもらう必要があります。

 

もし、持ち家の売却代金で住宅ローンが返済できない場合は、不足分を補う必要があるので、残債と捻出できる資金を事前に調べておきましょう。

 

後悔や失敗しているマイホーム(持ち家)の「売却相場や価格」の調査

住宅ローンが返済できるのかや、次の新居・マイホームの取得にどのくらいのお金を出せるのかを知るために、多くの査定や調査を受けて、持ち家の売却の相場やできるだけ正確な価格と諸費用を把握しておきましょう。

 

多くの不動産会社から持ち家の査定を受けるためには、「不動産一括査定サイト」の利用がおすすめですよ。

 

持ち家のの売却価格や捻出できるお金や人生プランに応じて、後悔を解消できる次の新居・マイホームの条件や候補を確定

持ち家を売却した後、次の新居は「一軒家を建築」するのか、「新築の戸建てか分譲マンションを購入」「中古のマイホームを買う」「賃貸の住宅に住む」のかということも検討しておく必要があります。

 

 

一戸建ての持ち家を建築するのであれば、たくさんの工務店やハウスメーカーから、前のマイホームの失敗や後悔を完全に解消できるような「建築プラン」と「見積もり」を提案してもらいましょう。

 

マイホーム・持ち家を売るタイミングや、住宅売却と新居契約の手順流れの整理

マイホームを売るのが遅れれば、首都圏などの好立地なエリアを除いては、持ち家の価値や売却できる価格は築年数と共にどんどん減少していってしまいます。

 

その他にも、「景気」や「ローン金利」「税金」「住宅の補助金」などを考慮に入れて、マイホームを売るタイミングによって損や失敗して後悔しないように、持ち家の売却や新居取得の手順や流れを整理してスケジュールを綿密に立てていきましょう。

 

 

これらの事前確認をしっかりとやっておくかどうかで、持ち家(マイホーム)の売却と新居取得の成否が大きく左右されますので、妥協なく検討していってくださいね!

 

持ち家を売る際に後悔や失敗のない不動産会社の選び方|正しい住宅相場やマイホームの売却価格(費用)を把握するための方法!

持ち家(マイホーム)を売るのに失敗や後悔しないためには不動産会社選びは重要!

持ち家を売る際に、マイホームのある地域の相場を把握していなかったり、「販売力」や「やる気」「知識・ノウハウ」「誠実さ」のない不動産会社を選んでしまうと、損をしたり、思わぬ失敗で後悔したりしてしまいます。

 

不動産会社の査定や担当者の知識不足により、住宅相場や実際の価値よりも安い価格でマイホームを売りに出してしまうと、本来なら手にできたはずの持ち家の売却代金が入らず、損をして後悔してしまうことになってしまうことになるからです。

 

 

逆に、住宅相場や実際の価値より高い売り出し価格で設定することや、囲い込みをしたり販売力やノウハウのない不動産会社、 連絡・報告もなく積極的に対応してくれない担当者だったりすると、マイホームがいつまでたっても売れなかったり、持ち家の売却に必要のない手間や経費を使わされたりすることになってしまいかねません。

 

こうしたことから、マイホームを高く買ってもらうには、不動産会社選びは妥協のできない重要な作業となってきます。

 

マイホーム失敗や損して後悔せずに住宅(持ち家)を売るための不動産会社の選び方!

そこで、持ち家の売却で失敗や損して後悔することのないよう、マイホームを高く、できるかぎり早く売るための不動産会社の選び方をご案内していきましょう!

 

【失敗や損して後悔しない マイホーム(戸建ての持ち家・マンション)をできるだけ高く早く売却するための不動産会社の選び方】

持ち家の失敗やマイホームを後悔なく売るためには、「賃貸仲介」でなく、住宅の「売買(売却)」に強い不動産会社を選ぶ

不動産会社の中には 住宅の「売買」には強くなく、「管理」や「開発」をメインでやっていたり、「賃貸の仲介」が得意なところが多くあります。

 

不動産売買仲介会社の中でも、住宅の「売却」専門や得意な所に依頼するのが、持ち家を高く、早く売ったり、マイホームの失敗や後悔を防ぐのにとって重要ですよ。

 

大手や中小を問わず、複数の住宅売却に強い不動産売買仲介会社にマイホーム・持ち家の査定を依頼

住宅の売買仲介会社の候補が1社だけでは、「マイホームの相場・価格」や「持ち家の売却エリアの情報」「不動産会社のサービスの良しあしと集客方法・ノウハウの違い」「担当者の対応」などを比較したり把握することはできません。

 

そのため、住宅の売却に強い不動産売買仲介会社の候補が多いほど、持ち家(マイホーム)を売るのに失敗や後悔せずに売却できる可能性が高まることになります。

 

したがって、持ち家を高く早く売りたいなら、マイホームの近くの売買仲介会社を探したり、「一括査定サイト」を利用して、住宅の売却に強いたくさんの不動産会社と話をするのがおすすめです。

 

住宅の売買仲介会社からの査定や話を一方的に聞くだけでなく、こちらからも適切な質問や調査をして不動産会社や担当者の「販売力」や「サービス・ノウハウ」「対応力」を確認する。

一括サイトなどにより、多くの不動産会社への依頼をしたあと、「マイホームに高い査定価格をつけてくれたところと 契約をする」というのは失敗の原因になりかねません。

 

それは不動産会社のマイホームに対する査定が高かったからといって、「その価格で持ち家が実際に売却できるわけではない」ですし、契約をとるために 本来 住宅が売れる値段よりあえて良い条件を出している悪徳業者ということもありえるからです。

 

そんなことになれば、他の不動産会社による購入希望者からマイホームへの案内を拒絶する「囲い込み」をされたり、長期間のあいだ持ち家が売れない上に、どんどん住宅の売却価格を「値下げ」させられたりするという失敗に陥り、後悔する羽目にあいかねません。

 

 

住宅の正しい相場や売却価格でマイホーム(持ち家)を査定してくれているのかや、「販売力」や「サービス・ノウハウ」「対応力」を確認するために、契約前に次の質問を不動産会社にしておきましょう。

住宅売却の集客手段や、現状におけるマイホームに対する購入希望者のあて
持ち家のあるエリアの情報や特徴と、その地域の戸建て or マンションといった住宅の売買状況
その不動産会社のサービスプランの内容とライバル会社との相違点(長所・短所)
持ち家の売却の予想期間と、予定通りマイホームが売れなかった場合の対応
住宅を売った際の「税の優遇措置」「節税」について

 

これらのマイホームを売る際の質問に対して、明確で納得のいく回答が得られれば、持ち家の売却を委ねる不動産会社候補として信頼できるでしょう。

 

マイホーム(戸建ての持ち家・マンション)の売却に強い不動産会社を見つけるのにおすすめの「一括査定サイト」!

それでは、売却に強い複数の不動産売買仲介会社に持ち家・マイホームの査定を依頼するのは、どの「一括サイト」を利用するのが良いのでしょうか?

 

 

戸建ての持ち家やマンションなどのマイホームを売るために、信頼できておすすめの「不動産一括査定サイト」をご案内していきましょう。

 

持ち家(マイホーム)を売るために信頼できておすすめの不動産一括査定サイト「イエウール」

イエウール

イエウール」は不動産一括査定の中でも、利用者数No.1のサイトであるため、マイホーム(一軒家の持ち家・マンションなど)を売るなら、まず最初に利用してみましょう。

 

マイナビニュースが調査した、利用者が選んだ「不動産一括査定サイト」でもランキング1位を獲得していて、総合的な評価や口コミも良く、運営自体も信頼できることが伺えます。

 

「イエウール」の一括見積もりはこちらから利用できますよ!

 

都会の家の売却にしか対応していなかったり、人口の多い地域しか ほとんど提案できない不動産一括査定サイトが多い中、イエウールでは「全国」が対象エリアで、「地方」の物件にも比較的広範囲に対応してくれて、提携の不動産会社数は1,600社以上にも及んでいます。

 

 

不動産一括査定サイト」を利用する上で、悪徳会社に騙されないかどうかということが最も心配だと思いますが、イエウールでは悪い業者のみならず、利用者からのクレームの多い契約企業に関しても排除する方針を取っているので、そういったブラックカンパニーへの対応もされています。

 

また、初めてマイホームを売る人にとっては手間取る不動産一括査定サイトの初期登録ですが、イエウールはチャットのような会話形式でインプットしていけるので、入力が分かりやすく簡単だと持ち家売却経験者からも高評価を受けているんですよ!

 

イエウールへのマイホームや必要事項の入力が完了すると、その条件に見合った不動産会社が表示されるので、「無料査定スタート」のボタンを押すと依頼が完了します。

 

信頼できない不動産会社が表示されたら、「無料査定スタート」のボタンを押す前に、会社名の横のチェックを外せば持ち家の売却依頼をしなくても大丈夫なので安心ですよ。

 

「 イエウール 」不動産売却一括査定サイト
「 イエウール 」マイホーム(戸建ての持ち家・マンション)の売却一括査定! …

 

 

他にも不動産売却一括査定サイトを利用するなら「リビンマッチ」や「イエイ」もおすすめ!

優良な不動産一括査定サイトを使ったとしても、地方にお住いの場合であれば 査定ができる業者が1社しかヒットしなかったということや、全く出てこなかったということもありえます。

 

そんな際に、イエウールと並行して、他にも別の不動産売却一括査定サイトを利用をするなら「リビンマッチ」と「イエイ」もおすすめです!

 

リビンマッチ

「リビンマッチ」はテレビCMも放映されており、見たことや耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

イエウールよりも現状での利用者数は少ないものの、「リビンマッチ」は不動産売却一括査定サイトでの「認知度」と「使用希望者」ランキングがNo.1の実績があることからも非常に注目を集めていることが伺われます。

 

利用者から注目を集めているということは、不動産会社サイドからも脚光を浴びているということになり、今後、リビンマッチと取引したいという優良業者が さらに増えていくことが見込まれるでしょう。

 

リビンマッチは地方の物件の売却にも強い優良不動産会社を持っているので、他の一括サイトで業者が見つからない地域でも査定ができることが多いので、「イエウール」や「イエイ」と共に利用するのが良心的な会社と出会えるコツです。

 

「リビンマッチ」の一括見積もりはこちらからご利用いただけます!

 

「リビンマッチ」では、「チャット形式での売却査定」ができるので、パソコンやスマホの操作や手順が分かりにくい方でも迷うことなく登録ができますよ。

 

もちろん、不動産会社の紹介や査定にお金はかかりませんので、「リビンマッチ」で納得のいくパートナーを見つけてくださいね。

 

「 リビンマッチ 」不動産売却一括査定サイト
「リビンマッチ 」マイホーム(戸建ての持ち家・マンション)の売却一括査定へ移動! …

 

 

イエイ

「イエイ」には「イエローカード制度」というものがあり、イエウールなどと同様に、「評判が悪い」「クレームが多い」不動産会社は追放する方針をとっていて、詐欺などを目的とする悪質な企業は淘汰される仕組みが整っています。

 

「イエイ」のマイホーム一括査定はこちらからどうぞ!

 

そして、「イエイ」も全国の幅広いエリアに対応しているので、「イエウール」や「リビンマッチ」などの一括査定サイトを利用すれば、それぞれの強みを発揮した複数の業者を探すのにとって効率が良いでしょう。

 

一括査定サイトで納得いく不動産会社が見つかった場合の持ち家・マイホーム売却の契約の選び方!

一括査定サイトで満足のいく不動産会社が見つかったら、マイホーム・持ち家を売るための「媒介契約」を結ぶことになりますが、それには 次の3つがあります。

 

【不動産会社との持ち家(マイホーム)を売るための「媒介契約」の種類

専任媒介契約

専属専任媒介契約

一般媒介契約

 

不動産会社にマイホーム(持ち家)を売るための仲介をしてもらうときには、どの媒介契約をしたら、失敗や後悔を少しでも防げるのでしょうか?

 

まずは、持ち家を売却する際の不動産会社との3つの「媒介契約」のそれぞれの違いを一覧で見てみましょう。

 

【持ち家・マイホーム売却における不動産会社との3つの「媒介契約」の相違点

媒介契約一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
仲介依頼できる不動産会社数多数可1社1社
買主を自分で探して契約○ 可能○ 可能× 不可
REINS(レインズ)への登録義務× なし○ 7日以内○ 5日以内
不動産会社から契約者(あなた)への売買状況の報告義務× なし○ 2週間に1回~○ 1週間に1回~

REINS(レインズ):全国の不動産情報が登録されたシステム

 

この一覧からも分かる通り、たくさんの不動産会社と契約を結べる「一般媒介契約」は、駅周辺にあったり築年数の新しい人気物件や業者が一杯いる都会の場合には、競争原理や購入希望者との接点が広がることから持ち家が高く売れる可能性が高いというメリットがあります。

 

一方、不動産会社からすると「一般媒介契約」の場合、他業者によってあなたのマイホームが売れてしまえば報酬を受け取ることができないので、力を入れて販売に取り組んでくれないというデメリットも生じるのです。

 

また、「専属専任」や「専任媒介契約」の場合、不動産会社によっては、

・決まった期間マイホームの売却が決まらなかった場合の「買取保証

・インテリアコーディネート

・プロカメラマンによる「住宅の写真撮影」

・内覧期間中の不要「荷物の一時預かり」

・ハウスクリーニング

 などなど

といったサポートやサービスが受けられることがあります。

 

この媒介契約を決めるのは業者側ではなく、あくまでも売り手であるあなたになるということです。

 

持ち家が「人気物件」で「立地の良い人口が多い地域の住宅」であるのかということや、「納得できて信頼のおける不動産会社」なのかということを考慮に入れて慎重に媒介契約を決定しましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました