当サイトでは「ウェディングプランナー・各専門家」や「葬儀・不動産・人事などの熟練の実務者」が分かりやすく徹底解説!

持ち家を賃貸にする手続きや注意点と売却とのメリット・デメリット!

持ち家 賃貸

持ち家を賃貸にする手続きや注意点と売却とのメリット・デメリット!

持ち家・マイホーム「売却(売る)」か「賃貸」かどっちがいいの?失敗や損して後悔している戸建てやマンションを貸すメリット・デメリット!

戸建ての持ち家やマンションといった住宅の入手に失敗や損して、後悔で引越しすることを決意した場合、マイホームを「売却(売る)」か「賃貸(貸す)」かどっちがいいのでしょうか?

 

入手に失敗・後悔している戸建ての持ち家やマンションといったマイホーム・住宅を賃貸(貸す)ことによる家賃収入などのメリット

最初に、戸建ての持ち家やマンションの入手に失敗・後悔して、マイホーム(住宅)の賃貸(貸すこと)によるメリットからご案内していきますね。

 

【入手に失敗・後悔している一軒家の持ち家やマンションといったマイホーム・住宅を賃貸(貸すこと)によるメリット

マイホームの後悔のストレスから解放されるのが一番のメリット

入手に失敗した住宅(一軒家の持ち家やマンションなど)を賃貸で他の人に貸して、しっかりと選び抜いた新居に引っ越すことができれば、マイホームの後悔が解消できますよね!

 

持ち家(マイホーム)を賃貸(貸すこと)で、家賃をゲットできるメリットも

この持ち家の賃貸による家賃をローンの返済や、次の新居の賃料に充当したりできるので、マイホームを手放すためのお金の負担が軽減できますよ。

 

マイホームの劣化を抑えることが可能

戸建ての持ち家やマンションであっても、住宅は人が住んでいないと、換気や掃除がされないことから、カビや水まわりの不具合、虫が入り込むなどの影響を受けてしまいます。

 

また、一軒家の持ち家では、人の目がなければ「住居侵入」や「ごみ・産廃の投棄」といった問題も起きかねませんが、マイホームを賃貸することにより それらの住宅のリスクを回避できるというメリットも!

 

万一、貸したマイホームに戻りたくなった場合に帰ってくることもOK

マイホームの後悔の理由が、戸建ての持ち家やマンションなどの住宅購入のあとに転勤が決まったなどの理由であれば、新居を売却するのでなく賃貸にしておけば、また 戻ってくることが可能ですよ。

 

持ち家(マイホーム)を売るより 住宅を貸す[賃貸にする]場合やローンのデメリット

【失敗や後悔しているマイホーム(一軒家の持ち家やマンション)を貸す[賃貸にする]場合や住宅のローンのデメリット

持ち家を賃貸にしている間にマイホームの価値が下がってしまうというデメリットが最も痛い!

都心などの人気エリアの持ち家であれば、売却価格が下がるのは緩やかですが、通常、住宅の築年数が古くなればなるほど価値は大きく下がり、マイホームを賃貸にしている間に一気に値打ちが下がってしまうと考えておいた方が良いでしょう。

 

 

持ち家を賃貸しようとしても入居者が決まらなければお金も入らず、マイホームが空き家となるリスクも大きなデメリットに

駅前などの立地の良い住宅であれば、賃貸の入居者は簡単に決まりますが、地方で立地もよくない持ち家の場合であれば、マイホームの借り手を見つけるのは容易なことではありません。

 

マイホームを貸した後も、住宅管理に労力費用がかかる

賃貸した後の持ち家を住宅管理会社に委託する場合、費用が掛かりますし、あなたがマイホームをメンテナンスする場合には、結構な手間がかかります。

 

また、賃貸したマイホームの修繕やクリーニング・リフォームに加え、持ち家である以上、税金の支払いなどの費用が引き続き必要となることを忘れてはいけません。

 

持ち家(マイホーム)を賃貸した家賃収入に対して、面倒な税金の支払い手続きをする必要がある。

会社員の場合、給料などの税金の支払いは企業がやってくれますが、持ち家の賃貸による家賃収入の確定申告は自分でやるか、税理士に有料で依頼する必要があります。

 

持ち家を賃貸して入居者が入っている間は、マイホームに帰ってきたくても住むことができない

転勤などでいつ戻ってこれるか分からないような場合、どのくらいの期間「持ち家」を賃貸にすればよいのかもわからず、急遽、会社から辞令が出てマイホームに戻れることになっても、契約期間前に入居者を追い出すこともできません。

 

マイホーム購入の残債が残っていて、一軒家の持ち家やマンションを他人に賃貸する(貸す)場合、原則として、利用していた住宅ローンは使えなくなる

金利の安い「住宅ローン」は持ち家に本人や家族が住むことが前提となっているため、通常、マイホームを「賃貸にする(貸す)」場合は利用できない規約になっています、

 

一軒家の持ち家やマンションといったマイホームを他人に賃貸する場合、原則として、事業用のローンに変更することになりますので、金利が上がってしまうことを考慮しなければなりません。

 

ただし、転勤の場合であれば、住宅ローンのまま 持ち家(マイホーム)を賃貸する(貸す)ことを承認してくれる銀行もあるので確認してみましょう。

 

失敗や後悔している住宅(一軒家の持ち家・マンション)の売却[売る]とマイホームの賃貸[貸す]どっちがいいの?

失敗や後悔している住宅を「空き家」にするのか、マイホームを「貸す」かの選択であれば、一軒家の持ち家であっても マンションであっても、断然、「賃貸」にして貸し出すことをおすすめします。

 

しかし、マイホームを「売る」か「貸す」かの選択となれば、これまでに見てきた一軒家の持ち家やマンションを貸す場合のメリットとデメリットからも分かる通り、住宅の売却に比べ賃貸にだすことの方が不利な場合が多いことが見えてきました。

 

マイホームを貸すことで生じる最も大きなデメリットは、住宅を賃貸している間に、持ち家の資産価値がどんどん下がっていってしまうことです。

 

木造の住宅であることの多い一戸建てや一軒家の持ち家の場合は、このマイホームの資産価値の賃貸中の下落が顕著になります。

 

 

ただし、マイホームの購入で失敗した理由が、新居取得後に転勤になってしまったものの、その住宅自体に対しての後悔はなく、持ち家にかなりの愛着があるケースにおいては「賃貸[貸す]」という選択肢もありでしょう。

 

また、マイホームが駅前や都会の立地の良い場所あるといったパターンであれば、空き家リスクも少ないことから、住宅価格の下落よりも、投資としての家賃収入額の方が上回ることもあり「賃貸[貸す]」という選択も検討に値しますよ。

 

【失敗や後悔を感じているマイホーム(持ち家)を売る[売却]よりも貸す[賃貸]方が良い場合】

新居取得後に転勤となった後悔はあるものの、住宅自体に対しての失敗はなくマイホーム(持ち家)への愛着がある

マイホームが駅前や都会の立地といった良い場所にある住宅である

 

住宅がこの条件に当てはまらない場合には、持ち家を「賃貸(貸す)」よりも「売却(売る)」の方がお得で面倒もないですし マイホームへの後悔も起こりにくいでしょう。

 

 

良心的なリフォーム会社やリノベーション業者の探し方と選び方手順!
良心的なリフォーム会社やリノベーション業者の探し方と選び方手順! リフォームやリノベーションは正しいステップを踏めば、これからのあなたの毎日の生活を快適なものへと一新させてくれます。 リフ...…

 

持ち家を賃貸にする手続きや注意点と売却とのメリット・デメリット!
持ち家を賃貸にする手続きや注意点と売却とのメリット・デメリット! 持ち家・マイホーム「売却(売る)」か「賃貸」かどっちがいいの?失敗や損して後悔している戸建てやマンションを貸すメリット・デメリッ...…

 

 

家のリースバックの仕組みや売却との比較とメリット・デメリット!
家のリースバックの仕組みや売却との比較とメリット・デメリット! 家のリースバックの仕組みとデメリットやメリットってどうなの? さて、それでは、家のリースバックについてはについてはどうなのでしょ...…

 

 

戸建ての持ち家やマンション売却の流れと相場や手数料などの確認方法!
戸建ての持ち家やマンション売却の流れと相場や手数料などの確認方法! 失敗した持ち家(マイホーム)を賢く「売却(売ること)」して後悔とおさらば|次の新居である戸建てやマンションなどの住宅を購入or...…

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました