結婚式 披露宴や結婚パーティーのドレスの色って!?身内と友人・ゲストなど色の人気やマナー【冬秋 春夏】

スポンサーリンク

結婚式 披露宴結婚パーティードレスって!?身内友人・ゲストなど人気マナー【冬秋 春夏】

20代後半になりますと、結婚式や、それに準じた結婚パーティーにお呼ばれされることが増えてきますよね。

結婚式や結婚パーティーでは、「どんな服装にしよう」「着ていくドレスは何色にしよう」と考える楽しみがたくさんあることでしょう。

 

初めて結婚式・披露宴や結婚パーティーにお呼ばれされた方は、「服装やドレスの色にマナーがあるのではないか!」と心配してしまうもの。

 

特に、身内は結婚式の披露宴前や最中に親族同士のご挨拶もありますので、ドレスなどの服装に失礼がないよう気を付けたいところです。

 

もちろん、結婚式なのでドレスなどの服装にも最低限のマナーはありますが、注意点を押さえれば難しいことではありません。

せっかくの場で、常識がないなんて思われたくないですよね。

 

結婚式・披露宴や結婚パーティーのドレスや服装に悩んでいるそこのあなた!

この記事と一緒に服装を考えていき、マナールールに則ったドレスで結婚式や披露宴を楽しみましょう。

スポンサーリンク

結婚式(披露宴)やパーティーでNGなドレスの色は?ベージュやピンクはOK?

ドレスは色によって相手に与える印象が大きく変わります。

 

特に、結婚式・披露宴や結婚パーティーという華麗な場では、ドレスの色は非常に重要な役割を持ちます。

ドレスの色にはそれぞれ意味があり、結婚式結婚パーティーではそれがマナーに繋がってくるのです。

 

まずは、一生に一度の結婚式・披露宴や結婚パーティーという大事なシーンにお呼ばれされた際に気を付けるべきドレスの色から一緒に確認していきましょう。

 

結婚式でダメな服装やドレスの色は「白」

実は、結婚式・披露宴や結婚パーティーでは着てはいけない色のドレスというものがあります。

 

それはずばりです!

結婚式・披露宴や結婚パーティーのメインはあくまで新郎新婦。

 

結婚式・披露宴や結婚パーティーの場で、白のウエディングドレスを着た新婦さんとゲストのドレスの色が被ってしまうのは良くないことです。

 

他にも、結婚式という日に限り、純白という色は新婦さんのものだけだという理由からこういった説があります。

結婚パーティーに関しても同様です。

 

薄いベージュなどの色のドレスも結婚式や結婚パーティーでは控える!

結婚式・披露宴や結婚パーティーにおいて、白に似た色のドレスはどうなのでしょうか。

 

実は、「薄いベージュ」「アイボリー」のドレスも、結婚式や結婚パーティーでは控えたほうが良い色です。

 

ベージュなどはフラッシュ撮影をした場合や、披露宴会場の照明の色によっては白色に見えてしまうことがあるからです。

 

お呼ばれした結婚式や結婚パーティーで写真を撮ってみたら、新婦さんとドレスの色が丸被り…なんて双方共に気分が良くありません。

 

ベージュやアイボリーのドレスを結婚式・披露宴や結婚パーティーで着る場合は、色味の濃いものを選ぶようにしましょう。

 

ピンク色のドレスは結婚式や披露宴 結婚パーティーでよく映えるけれど…!?

可愛さがあるピンク色のドレスは、披露宴や結婚パーティーで会場内を華やかにします。

女性らしい色として挙げられる代表格のピンクですが、気を付けなければならない点が1つ。

 

新婦さんがお色直しで、ピンク色のドレスを着るかどうかです。

 

「ピンク」は人気の色

「お色直し後のカラードレスをピンク色にする」という新婦さんは少なくありません。

ピンク色のドレスを、結婚式・披露宴や結婚パーティーに着ていこうと思ったら、先に新婦さんに聞いてみると良いでしょう。

 

黒色ドレスは要注意!披露宴前や最中に活躍する身内は気を付けて!

他に気を付けるべき色は「黒」

結婚式や結婚パーティーでは黒色のドレスは絶対ダメ!というわけではありませんが、おすすめはできません。

 

なぜかというと、黒色のドレスはデザインによってはお葬式を彷彿とさせてしまうからです。

 

特に、ワンピースのようなすっきりとしたスタイルのドレスは黒色ですと喪服に近く、結婚式のイメージとはかけ離れてしまいがち。

 

また、身内の方は披露宴中や前後に相手側の親族とご挨拶をしたり、お酌をしたりしますので、立っている機会が友人や他のゲストより多くあります。

そのため、身内の方は立ったときにドレスの黒色が強調されないよう配慮しましょう

 

どうしても黒色のドレスを結婚式や結婚パーティーで着たい場合は、レースが使用されている物やデザイン性があるものを選ぶことを提案します。

スポンサーリンク

結婚式でゲストや身内に人気のドレスの色は!?春夏秋冬のおすすめカラー

20代後半から30代になると特に、結婚式結婚パーティーのお呼ばれが増えます。

また、身内の結婚式に関しては、年代を問わず呼ばれることでしょう。

 

結婚式にお呼ばれされる度に、様々な色のドレスを着るのもまた1つの楽しみ。

お呼ばれされた季節も春と冬の結婚式や結婚パーティーの場合では、ドレスの装いが大きく異なります

 

ここでは、結婚式・披露宴や結婚パーティーにおいて、身内やゲストに人気のドレスの色と、季節のお勧めカラーを見ていきましょう。

 

結婚式や結婚パーティーで1番多いドレスの色は身内とゲストで共通だった!

身内とゲスト、実は、それぞれ結婚式・披露宴や結婚パーティーで好まれるドレスの色は同じです。

それは、黒色と紺色のドレス!

黒と紺は色味が濃いので、スタイルを良く見せることができますし落ち着きを感じさせます。

また、一着しかドレスを持っていなかったとしても、ボレロの色や装飾を変えるだけでまるで違ったもののように思わせることが可能なのです。

 

ところが、その便利さゆえに同じ披露宴会場で「ゲストや身内の方々のほとんどが黒色か紺色のドレスを着ていた」なんて光景もよく見られます。

 

せっかくの結婚式や結婚パーティーという華々しい場なので、グループ内で暗い色のドレスが被らないように工夫しましょう。

 

春夏秋冬 シーズンで違うおすすめの結婚式や結婚パーティーのドレスの色は?

次に、結婚式や結婚パーティーの季節ごとに適したドレスの色についてご案内していきましょう。

:ピンク、オレンジ、イエローなどの花を彷彿とさせる色

:ブルー、グリーンなど爽やかで明るい色味

:濃いベージュ、カーキなどの落ち着いた色味

:ワインレッド、紺色などの深い色味

」や「」という季節はやはり、明るい色がよく合います。

結婚式・披露宴や結婚パーティーのお呼ばれが多い春は、ガーデンのお花やグリーンのような、元気になる色のドレスで結婚式に色を足しましょう。

 

あくまで、結婚式や結婚パーティーという場なので、過度な露出はしないように気を付けて下さい

 

また、披露宴会場内は冷房が効いているので、調節できるようにショールやボレロも持っていきましょう

 

春・夏の結婚式・披露宴や結婚パーティーで気を付けていただきたいのは、ドレスだけでなくです。

爪先の開いた靴は、「爪先出る=妻先出る」という言葉を連想させるため縁起がよくありません。

結婚式はゲン担ぎが大事なので、まずは服装から配慮をしましょう。

 

秋」「冬」の結婚式や結婚パーティーでは、色味の深いドレスでシックに決めると雰囲気が出ます。

 

こちらのシーズンは、逆に披露宴会場に暖房が効いているので、厚手のものを選ぶより、薄手のドレスの上に脱げるものを着こむようにしてください。

 

このように、春と冬の結婚式や結婚パーティーではドレスの色が両極端に違います。

結婚式の時期に合わせて、似合った色のドレスを探してみてくださいね。

スポンサーリンク

結婚式 披露宴 結婚パーティーではボレロにもマナーがある?

ゲストは外から来るわけですから、季節によっては「ボレロなどの上着が必要になりますよね。

 

結婚式や結婚パーティーでドレスを選ぶ際の色のマナーを先ほどお話しましたが、なんとボレロ」などにも注意すべきことがあるのです。

 

ドレスと同じ?結婚式 披露宴 結婚パーティーではボレロの色にもマナーがある!?

結婚式や結婚パーティーでは、白やそれに近い色のドレスはNGだということを前述しましたが、ボレロなどの羽織るものはどうなのでしょうか。

 

実は、結婚式・披露宴や結婚パーティーにおいて、「ベージュなどの色のボレロ」をドレスに合わせて使用するのはOKです。

 

ただ、結婚式や結婚パーティーで、白やベージュのボレロなどを羽織る際には、色の濃いドレスに合わせましょう。

 

披露宴会場内で薄い色のドレスとボレロでは、光の加減で白く見えてしまうこともありますので注意して下さい。

また、結婚式・披露宴や結婚パーティーでは、幅が広く、着席した際に背中全部を白く見せてしまうショールもおすすめできません。

巻き方を工夫してみて下さい。

 

逆に、暗い色のドレスシックなボレロでは、結婚式や結婚パーティーにしては重く見えてしまいます。

冬の結婚式・披露宴や結婚パーティーにお呼ばれされると、落ち着いた色のドレスを選びがちですが、それに重い色のボレロを合わせてしまうと華やかではありません。

 

あくまでも、晴れやかなものであるということを意識して、服装やドレスに合った色のボレロを選んでみて下さい。

 

ドレスとボレロの色は決まったけれど…結婚式や結婚パーティーには適さない素材や柄が!

せっかく、マナー通りのいい色のドレスとボレロが決まったのに、結婚式に適さない素材や柄を使ってしまったらもったいないですよね。

 

結婚式・披露宴や結婚パーティーでは、毛皮ファーのついたボレロアニマル柄のものは、ドレスと色が合っていたとしてもNGです。

 

毛皮は動物の死を連想させるので、結婚式では縁起が良くありません。

結婚式・披露宴や結婚パーティーにおいては、毛皮素材のボレロやファーは避けてください。

 

同じ理由で、ゼブラ柄やヒョウ柄もNGです

アニマル素材、柄のドレスやボレロが好きな方でも、結婚式・披露宴や結婚パーティーでは控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

結婚式でのドレスの色のマナーやボレロなどの服装についてのまとめ

今回は、結婚式・披露宴や結婚パーティーにおけるドレスの色やボレロのマナー春夏秋冬に適したおすすめをご案内してきました。

 

これまでの情報を以下にまとめて記述します。

● 白い色のドレスは結婚式・披露宴や結婚パーティーではダメ黒色は素材や形に気を付けましょう。

● 身内とゲストに一番人気な色のドレスは。ただし、グループ内で被らないように気を付けてください

● お呼ばれされた結婚式や結婚パーティーのシーズンによって、ドレスや服装の色を変えると華やかさが違います。

● ボレロやショールなどの上着はドレスとのバランスを考え、全体が白っぽくなる場合はベージュや白色はやめましょう

● 結婚式・披露宴や結婚パーティーではドレスの色に適していたとしても、アニマル素材や柄のボレロはNG!

これらのポイントを押さえ、ドレス選びや結婚式、結婚パーティーをエンジョイして下さいね。

最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました